ブラックでも作れるカードは実際にあるの?

ブラックになっても作れるクレジットカードと言われているのが「VISAデビットカード」です。

クレジットカードではないんですけどね。

一括払いの場合は、「VISAカード」として使用できるので、「クレジットカードである」と言えなくもないんですが、その名の通り自分の口座にお金を預けて使うデビットカードです。

デビットカードと言うと、ちょっと古いけどお財布携帯などで使用される、デポジット式の「先にお金を預けておいて、その範囲内で使う」というカードだけだと思われますよね。

デビットカード自体は、同じシステムなのですが、SURUGA銀行や楽天銀行で発行している「VISAデビットカード」は、オンラインショッピングだけでなく、通常のお店でも一括払いであれば、「VISAクレジットカード」として使用できるのです。

当然、自分の口座に預けている金額の範囲までしか買い物ができませんので、審査はありません。

ただ、SURUGA銀行などに関しては、口座を作る際に簡単な審査が行われるそうなので、たまに「デビットカードなのに審査に落ちた」という方もいらっしゃいます。

クレジットカード審査に落ちた

いずれにしても、かなりの高確率で持てるカードだというのは確かです。

ここのところを混同して、「ブラックでも作れるクレジットカード」なんて呼んでいる人も居るんですよね。

酷い場合は、情報として販売していたり・・・

クレジットカードではないですが、クレジットカードとしての機能も一部使える、ということで、多重債務やブラックなどの理由でクレジットカードが持てない方にとっては、便利なカードだと思います。

スポンサーリンク

ただし、リボルディングなどの分割払いには対応していません。

あくまでも、銀行口座に預けている金額の範囲内で、ということですね。

それに、誤解の無いように付け加えますと「ブラックでも作れる」のではなく、「審査がないので、金融事故歴は関係ない」ということです。

だから、銀行サイドとしては、「ブラックでも」とあまり強調されるのは本意ではないと思います。

ただまあ、クレジットカードが持てない方にとっては、とても便利なカードということにはなりますよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする