ブラックでもお金が借りられたという確実な情報が知りたい

ブラックになるということは、債務整理をしているケースも多く、もしかしたら多額の借金を抱えている時より楽になるはずと思っていました。

だけど、そうもいかないんですよね。

ブラックになると社会的制裁は受けますが、それに加えて突発的な事態も起こるような気がします。

突然の失業とか病気とか。

やはり負の連鎖というか、「ここぞ」とばかりに不幸が襲いかかってくるような気さえするのです。

もう「上を向いて歩こう」の歌詞じゃないけど、「涙がこぼれないように」歩くのが精一杯なほど。

なんで私だけ?

どうして、うちだけこんなに不幸なの?

と同時に、こんなにお金が無いのに何もできない自分が情けなくて、情けなくて・・・

悩む女性

だから、「ブラックでもここでお金が借りられたという確かな情報を教えて下さい」という方のお気持ちはよーくわかるのです。

ただ、ブラックになるとお金を借りることが困難になります。

と言いますか、原則としては「絶対に借りられない」ということですよね。

特に申込ブラックになっていて審査になかなか受からないという方や、一定期間借金の滞納をしていてブラックになってしまったという方を除いては。

債務整理をした方だと、まず無理です。

それでも「ブラックでも借りられます」という情報が消えないのは、ごくわずかでも、「ブラックなのに借りられた」という実例があるためでしょう。

「ブラックの顧客には絶対にお金は貸さない」という事実も、実は顧客ごとに、また金融業者ごとに違っているという事実もあります。

結局は、収入面やその他の属性が良い人は、債務整理をしていたとしても比較的短期間で次の借入ができたりするみたいです。

確固とした理由があるわけではないですが、そういったこともあり得るということですね。

ただ、一般的には「ブラックである」というだけで門前払いされるのがほとんどなので、「ブラックでも100%ご融資します」なんて全面に出しているところは、悪徳であると判断しても良いでしょう。

スポンサーリンク

まあ、この辺の判断も難しいところなのですが・・・

とにかく、民間の金融業者で、「ここならブラックでも安心して借りられますよ」なんていうところは、ほぼないということ。

「どうしてもお金が必要」という方が、恐る恐る借入の手続きをしているというのが現状だと思います。

「最後の手段」ということですよね。

「ブラックでもここならお金を貸してくれます」みたいな情報も多いですが、あくまでも「どうしても借りなければ生きていけない」という時の手段と考え、契約についてはものすごく慎重に考えるべきだと思います。

今、ネットでは「個人でお金を貸します」というサイトまでできているようですが、これもどこまで信じられるか?と思います。

くれぐれも安易な考えで手を出さないようにしてくださいね。

追記:ブラックでもお金が借りられた、という情報で、唯一信じられるとすれば、顧客獲得にやっきになっている中小の消費者金融でしょう。

正規の消費者金融なら、金利もグレーゾーン以内ですし、きちんと返している分には、問題が無いことが多いです。

だけど、悪徳業者が、似たような名前で営業していることも考えられるので、あくまでも慎重に判断することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする