審査の甘いクレジットカード会社の噂はどこまで信じられる?

生活費が足りなくてお金を借りる」という方が急増しています。

以前は、お金を借りるというと、生活費の足しにするためという方と、贅沢品を買う方の二種類に分けられたと思います。

だけど、最近は圧倒的に生活費が足りなくてお金を借りる方が多いでしょう。

消費税増税が目の前に迫っている今、生活がどんどん苦しくなっているのは確かです。

貧困家庭-借金生活脱出日記

一昔前には、「カードローン地獄」と言えば、「カードで買い物し過ぎて返せなくなった人」のことを指していましたが、今はそうではないですね。

まだそういう方もいらっしゃるでしょうが、今や、圧倒的に「カードでキャッシングをし過ぎて返せなくなった人」の方が多いでしょう。

それも、生活費をキャッシングで何とかする方が。

それでも、「お給料日までのつなぎに」ということで借りればまだ良いのですが、「明日暮らすお金がないから」ということで借りる方も増えていますよね。

お金が足りない」ということで借りたお金は、来月にはますます返せなくなります。

まあ、私も経験があるのですが、そんなことはわかっていても、どうしようもなくて借りてしまうんですよね。

結果、数社から借入れをしてしまい、もうどこからも借りられなくなってしまう、ということに。

「どうしてもお金を借りたいのに借りられない」という方のほとんどは、このパターンでしょう。

仕方なく「審査の甘いクレジットカード会社」とかを調べるのですが、そこでも断られて・・・という。

まあ、だいたい、「審査が甘い」という噂が、どこまで本当かわからないんですけどね。

スポンサーリンク

金融会社の審査は、各会社ごとに細かい違いがあるので、誰かが「このクレジットカード会社は審査が受かりやすい」と言っても、誰もが当てはまるわけではないのです。

統計的に「ここは受かりやすい」というところはあるのでしょうが、「審査に受かりやすい」というのは、さまざまな条件や個人の属性、それに申し込み時期によっても違ってくるということ。

いずれにしても、キャッシングはあくまでも「次のお給料までのつなぎ」と考え、無理な借り入れは控えたいものです。

返すあてが無いのに借りてしまうと、結局困るのは自分ですから。

だいたい「審査が甘い」とか「受かりやすい」という金融業者を探し始めている時点で、ローン地獄におちいっている可能性は高いです。

多重債務の一歩手前と言いますか、もしかしたら、すでにそうなっているのかも。

でも「どうしても借りたい」という切実な方は、やはり「生活福祉資金」の「緊急貸付」など公的資金を考えた方が良いですね。

多重債務で、もうどこからもお金が借りられない状態になっていたら、やはり債務整理も考えた見た方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする