ブラックでもキャッシング機能なしならクレジットカードは作れる?

ブラックになると、クレジットカードが持てないのは当たり前。

「わかっちゃいるけど欲しいー」というのが正直なところですよね。

先日「キャッシング機能なしのクレジットカードならブラックでも作れるのか」、という質問がありました。

これは、多分、通常のクレジットカードをキャッシング枠ゼロで申し込むということだと思いますが・・・

だいたい、通常のクレジットカードでは、ブラックの場合、まず審査に受かりませんので、ダメですよね。

たとえ、キャッシング枠をゼロにして申し込んだとしても、与信ですぐにはじかれてしまいます。

巷で、「キャッシング枠をゼロにして申し込むと、審査に受かりやすい」という噂があるので、誤解されているのかもしれません。

確かに、アルバイトだとかパートの方で、収入がそんなに多くない場合、クレジットカードの審査に受かるのは難しいですよね。

「いくら申し込んでも、片っ端から落とされる」なんていうことも。

スポンサーリンク

そんな方で、今までローンなどの滞納をしていない場合は、キャッシング機能をはずしてクレジットカードの申し込みをすれば、審査に通る確率はかなりアップするようです。

現に、知り合いの無職の20代の男性も、キャッシング枠ゼロで申し込んだら審査に通ったそうです。

20代の会社員

もっとも、その男性の場合、世帯収入が高かったようですが。

今は、もともとキャッシング機能がないクレジットカードもあるみたいなので、そういったカードを狙って申し込むというのもひとつの方法ですよね。

そして、ブラックの方の場合は、数年経っていわゆる「喪明け」したら、キャッシング枠ゼロで申し込むと、審査に通りやすいということは言えると思います。

いずれにしても、現在ブラックの状態にあるのなら、申し込みができるのは、VISAデビットカードのみということになります。

現在は、楽天銀行、ジャパンネットバンク、SURUGA銀行、三菱UFJ銀行などで発行しています。

原則として、各銀行口座に口座があれば誰でも作れることになっているので、他でクレジットカードが作れない方でも大丈夫なんですね。

ただ、口座を開く時に、公共料金の領収書を提出しなければならないところも多く、滞納している場合など、開設を断られることもあるようです。

銀行口座を悪用するケースもあるので、誰でもすぐに口座を開くというわけには行きませんものね。

とは言え、原則審査は無いですし、VISAだけでなく、JCBやマスターカード付きのデビットカードも増え、発行している銀行も多くなったので、これからもっと使いやすくなるでしょう。

クレジットカード所得までの繋ぎとしてだけでは、もったいないくらいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする