クレジットカードの利用限度額を引き上げてもらう方法とは?

クレジットカードの審査のところにも書きましたが、あまりにもたくさんのクレジットカードを所有していると、それだけで審査に落ちてしまうこともあるようです。

今はきちんと返済をしていても、将来多重債務になり得ると判断されるのでしょう。

そこで、「もう少し利用できる金額があれば」と言う時は、今持っているクレジットカードの利用限度額を上げてもらうという方法をとった方が良いと思います。

利用限度額を引き上げてもらえる、ということは、複数のクレジットカードを持たずに済むということにも繋がりますね。

また、急な出費や高額の商品を購入したい時にも安心して使える心強い存在になります。

高級車-借金生活脱出日記

ただ、総量規制後は、限度額の引き上げに関しては審査などの手続きが必要な会社も増えてきました。

今までは、それまで返済に問題を起こしたことがないならば、普通に限度額のアップに応じてもらえていましたが、ちょっと厳しくなったというところも多いようです。

それでも、クレジットカード会社から返済優良者と認められれば、限度額の引き上げは比較的簡単みたいですね。

定められた期日以外にも積極的に返済を繰り返し、早め早めにローンを返してしまうなど、繰上げ返済を実行する方法でも優良顧客をアピールすることは可能です。

もちろん、審査の基準はそれだけではないでしょうが、重要なアピールポイントであることには変わりないと思いますよ。

残念ながら、支払いを怠ったり、すでに多重債務に近いような方は、限度額引き上げを依頼しても却下されるでしょう。

スポンサーリンク

消費者金融の場合はどうでしょうか?

クレジットカードよりは、まだ限度額を上げて貰えそうな感じがします。

実際にも「ダメ元で頼んだら、10万円限度額を上げてもらった」というケースも。

ただし、一時期に比べれば、厳しくはなっていますね。

少し前なら、半年以上返済を遅れないようにきちんと続けていれば、20万円くらいの増額は簡単な審査だけで通ったものです。

まあ、総量規制以前の話ですが。

今は、支払いを少しでも怠ったりすると、逆に融資枠を少なくされてしまう、なんていうこともあるようです。

ローン地獄だった頃、融資枠が上がったらすぐに借りて、他の借金返済に当てていましたが、今はそんなことはできません。

多重債務防止という観点では、良かったんだと思います。

結局、私も借りられなくなって目が覚めたのですから。

だけど、「どうしてもお金を借りたい」という時に貸してもらえないのは困る、というのもわかるんですよ。

金融業者も、顧客確保したいのは山々なのでしょうが、それ以上に支払いを滞納する顧客が増えている、ということなのでしょう。

これからは、お金を借りるための審査自体も厳しくなっていくのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする