ブラックでも◯◯のクレジットカードは作れますか?

クレジットカードの審査に通らない人が増えている、ということを以前も書きました。

私もそうだったのですが、そうなると、徹底的に「どこのクレジットカード会社の審査が甘いか?」という情報を調べます。

私のところにも「ブラックでも○○のクレジットカードは作れますか?」といったご質問が最近ものすごく増えています。

いわゆる審査の甘いと言われているクレジットカード会社の名前を挙げて聞かれるのですが、ブラックだと審査の甘い甘くないに関係なく、まず受かりません。

それは、個人信用情報機関に金融事故履歴が載るからです。

自己破産だと官報にも載りますね。

この個人信用情報機関は、クレジットカード会社や銀行、消費者金融などの金融業者が、ローンの申し込み依頼を受けたら必ず照会する機関なので、逃れることはできないのです。

ブラックリストからは逃れられない

よく「ブラックリストを消す方法」なんていう情報がありますが、この個人信用情報機関の事故履歴を消すことはできないでしょう。

消えるのは、債務整理が終わって5年から10年経った後です。

その間は、ただひたすら「地下にもぐったような生活」を続けることになります。

と言っても、気持ちの上だけ、また金銭面だけなんですけどね。

ローンが組めないことやクレジットカードが使えないことは、経験するととてつもなく大きな罰ゲームのような気もします。

それでも、本当に仕方の無いことなのです。 私も含めて、自分が悪いのですから。

そうそう。「生きていけるだけでも感謝しなきゃ」ということなんですよ。

スポンサーリンク

いつもご紹介しているVISAやJCBデビットカード(マスターズ)はブラックでも取得できますから、ありがたいですね。

分割払いができなくても、デビットカードはかなり便利です。

一度使ったら手放せませんよ。

「クレジットカードではないけど、クレジットカード払いができる」というややこしいけど、すぐれものなんです。

使い方は簡単で、発行している銀行の自分の口座に入金しておくだけ。

加盟しているお店で、「VISAカードで」などと言えば、それでOKです。

うちの近くのスーパーでも、サインレスで使えるので、ほとんどカード払いにしています。

ポイントが付くので、現金で買い物するよりお得ですから。

そのお店でのポイントももらえるので、ダブルでもらえるのが嬉しいですね。

即時引き落としになるので、今ある残高分しか買い物はできませんが、かえって使い過ぎは無くなりそうです。

ものは考えようで、確かにクレジットカードは分割払いもできて便利ですが、借金のリハビリのためには、買い物金額を立て替えてくれるカードよりも良い、ということなんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする