クレジットカードの審査に落ち続けている人が受かる裏技は?

クレジットカードに落ち続けていると、どうしても探してしまう裏技

裏技なんてありっこないよ、とか法律に触れるのでは?などなど、頭で打ち消しながらも探してしまうんですよね。

だけど、意外なところにあるという話。

多重債務や債務整理を行なってブラックになってしまった方は、多分どんな裏技を使っても、喪明け前にクレジットカードを取得できることはないでしょう。

これは、法律で決まっているわけではなく、いわゆる社会一般のルールということです。

お金を借りたい」という申し出があった場合に、「この人は信用できるのか?」という判断をしなければなりません。

それは収入であったり、勤務先や勤続年数既婚者とどうか持ち家か賃貸か、ということでも判断できるのだけれど、過去の取引データがあれば一目瞭然ですね。

だけど、一社ごとに作っていては管理も大変だし、参照するにも時間がかかってしまう。

その信用情報をみんなで共有しましょう、という趣旨でできたのが「個人信用情報」です。

当然、各金融機関は、ローンやクレジットカードの申し込みがあった時には、この情報を参照しますので、ここで「金融事故を起こしました」という記載があれば、その時点で、すべての審査はアウトになってしまいます。

だから、ブラックになってしまったら、どうあがいても、クレジットカードの審査に受かることは不可能ということになります。

少なくとも、5年から10年経って、事故情報が消えないと無理です。

スポンサーリンク

だけど、そんな事故情報も載ってないはずなのに、なぜだかクレジットカードの審査に受からないという人も増えてるんですよね。

年収が極端に少ないわけでもなく、そこそこ名のしれた会社に勤めているのに・・・という場合。

意外と見落としがちなのが、自宅や勤務先の住所や電話番号などの記載ミスがなかったか?ということ。

「記載ミスがあれば、送り返されてくるでしょう?」と思われるかもしれませんが、審査が厳しくなった今、申込書が履歴書のような役目をすることもあるんですよ。

乱暴な字でいい加減に書かれていたら?

a0008_001845

その時点で、「性格的に問題があるのでは?」(つまり、きちんと返済するという誠実さに欠けるということ)と判断され、審査に落ちる可能性が高まるとか。

そりゃあ、いくらきちんと書かれていても、属性が悪ければはじかれるでしょうが、他の部分は大丈夫なのに、ここで落とされたとしたら、目も当てられないですよね。

思いたる節のある方は、すぐに改めた方が良いでしょう。

お金に対する信用というのも、結局はその人の人柄や性格が大きな要素を占めているということだと思います。

裏技と言うよりも当たり前の話なのですが、クレジットカード会社の方にすれば「意外とできていない方が多い」ということらしいですよ。

ちょっと気をつけるだけで審査に受かるのだとしたら?

やらない理由はありません。

喪明け後の申し込みについても、同じことが言えますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする