自己破産直前に借りたお金は返さなくていい?

自己破産する、ということは一大決心の要ることです。

人生の墓場とまでは言いませんが、それに近いようなイメージがあります。

「最悪の結果」自己破産という道を選び、なんとか借金で死なないで済んだけれど、心はすでにここにあらずという感じで。

放心状態-借金生活脱出日記

確かに、金融事故という観点から見れば、「自己破産」は最悪の結果です。

しかも世間からは「借金を棒引きにした」ということで、後ろ指をさされても仕方の無いことなのです。

それをしっかりと理解したうえで、債務整理や自己破産の手続きを行うことが大切です。

自己破産を経験した方を知っているのですが、ものすごく後悔はされています。

だけど、その経験をバネにして、今では経営者として成功を収められているのです。

要するに、「もう終わりだ」と必要以上にうなだれることもないし、逆に「借金から逃れられる方法」として、簡単に選ぶことのないように、とも言えます。

たいていの方は、自己破産を選ぶ時点で、すでに立ち上がれないほどのダメージを受けていると思います。

そして、「もう一生借金はしない」という心構えでいるでしょう。

それでも、ごくごく一部の人の中には、「もう自己破産するんだから、クレジットカードも使えるだけ使ってしまおう」なんていう考えがあるのも事実。

スポンサーリンク

クレジットカードを片っ端から使い、消費者金融でお金を借りまくったり・・・

そんなことは愚の骨頂ですよ。

いつも書いているように「個人信用情報」で丸わかりですし、クレジットカードの明細書だけでもすぐにわかってしまいますから。

借りたお金を一括で返すように要求されたり、買ったものを返納させられることは、よくあります。

実際に、ブランド品でも無いごくごく普通の値段のシャツを破産宣告前に購入した人が、「返品してください」とカード会社に言われた、という体験談も読んだこともあります。

高価なものを買わなければいいんだろう」なんて安易な気持ちでクレジットカードを使ってしまったら、品物を返すだけでは収まらないこともあるのです。

「悪質である」と判断されれば、下手すると詐欺罪で訴えられかねません。

自己破産の場合、免責を受けられないことも。

免責が降りないと、借金全額を一括で支払い請求されることもありますし、弁護士費用もかかってしまいます。

つまり、借金を抱えていた状態よりも、何十倍も悪い状況に追い込まれる、ということです。

まあ、このブログを読んでいる方にそんな人はいらっしゃらないと思いますが、「どうせ自己破産するんだから」なんて自暴自棄になっていたら、つい出来心でやってしまうかもしれません。

だけど悪事は必ずバレるということを心に刻んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする