キャッシング機能をはずしたクレジットカードは審査に受かりやすい?

クレジットカードの審査方法については、いろいろと都市伝説のようなものまで飛び交っています。

どれが本当でどれが嘘なのか?ということさえ、わかりにくくなっているような気がします。

クレジットカードの審査になかなか受からないと、困るよりもいろいろと不安になってきますね。

もう二度と作れないんじゃないか?」なんて。

そんな時には、「審査の甘いクレジットカードで、キャッシング枠をゼロにして申請する」と受かりやすいと言われています。

と言っても、噂の範ちゅうから出ないのですが、結構この方法でクレジットカードを取得できた方がいらっしゃいます。

アルバイトをされていて、しかもそのアルバイト先を転々としているので勤続年数は少なく、収入も低いという、クレジットカードの審査では落とされそうな独身男性。

清掃のアルバイトをする男性

案の定、どこのクレジットカードの審査にもなかなか通らなかったようです。

それが、あるショッピング系のクレジットカード会社で、「今キャンペーン中です」というお知らせが来た時に、ダメモトで申請してみたら・・・

見事に審査に受かったということ。



キャッシング枠はゼロにして申し込んだそうなので、キャッシング機能は使えませんが、それでもショッピングで分割払いができるのは嬉しいですよね。

考えてみたら、キャッシング枠ゼロで申し込む方が、「借りたけど返せなかった」ということにならなくて良いかもしれません。

キャッシングは、やはりある程度お給料をもらっている人が「今月はピンチだけど、来月は必ず返せる」というような場合に使うのが良いのかな、と思います。

それに、クレジットカード会社の方でも、「キャッシング機能をはずしたクレジットカード」を発行しているところもあるとか。

これからは、キャッシング機能なしのクレジットカードが主流になってくるのかもしれませんね。

あっ、でもキャッシングができなくても、クレジットカードを利用するということは借金していることと同じなんです。

現金を持っていなくても商品が買える、ということは、クレジットカード会社が一時立て替えてくれているから。

一括払いなら利息こそ付きませんが、年会費がかかることもありますし、場合によっては手数料を取られることもありますよね。

ポイントが貯まったりとお得なことも多いし、賢く利用すれば良いのですが、そのことだけは頭の隅にでも入れておいたほうがいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする