ブラックになると100%クレジットカードやローンの審査に落ちる?

「何をいまさら」と言われてしまいそうな表題ですが、ブラックになってしまうと100%ローンやクレジットカードの審査に落ちてしまうのか?という素朴な質問があります。

答えられますか?

まあ、ほとんどの方は「ブラックなんだから100%審査に落ちるでしょう?」と答えると思います。

私もそうです。

だけど、いろいろ調べてみると、一概にそうとはいえないこともわかりました。

あっ、だからって「ブラックでもお金が借りられます」とか「誰でもローンが組めます」なんていう甘い言葉に騙されてはダメですよ。

常識的に考えて、ブラックになると100%に近い確率でローンやクレジットカードの審査には落ちます。

ただし、例外もあるのではないか?ということ。

クレジットカードや信販会社がお金を貸したい人は?と考えると、「信用できる人」という結論に達します。

これは、社会的にも人格的にも信用される人という意味で、結構いろいろな角度から審査されているんですよね。

審査でよく耳にする「属性」という言葉。

お見合い

お見合いの履歴書みたいなもので、職歴からどこの会社に勤めているか?持ち家は?勤続年数は?今までの支払い状況は?滞納はしてないでしょうね?という。

書類の書き方があまりにも乱雑だと人間性を疑われ、審査に落ちることもあると言われていますから、ありとあらゆるところをチェックされていると思った方が良いでしょう。

特に、今は先の見えない時代。 現在安定した仕事に就いていてある程度の収入があったとしても、数年後はどうなっているかわからないのです。

高額のローンを組むとなると、5年や10年はザラですから、「どのような状態になったとしても支払いを滞り無くしようとする誠実さ」というのは重要なポイントになるんですよね。

スポンサーリンク

よく、クレジットカードの審査に落ちた時に、「何で落としたんだ?」という苦情の電話をしてくる人が居ますが、そういう人は、まず何度申し込みをしても受からないだろうと言われています。

まあ、当然といえば当然かな? で、話は戻って「ブラックでも審査に受かることがあるのか?」なのですが、ごくごく限られた一部の人に限ってはあり得るということです。

特に、外資系のクレジットカードの場合、個人信用情報の事故情報よりも属性を重んじることがあると言われていて、実際に喪明け前でも審査に受かった人も居るとか。

よっぽど年収やその他の属性が良かったんでしょうけどね。 あとは、自社ローンの時にも書いたのですが、ローン会社に人柄が認められて、ブラックであるにも関わらずローンが組めたケースもあるそうです。

大げさに言えば、ブラックになった後の生き方が審査されているということに他なりません。

審査に受かる確率はとても低いけれど、頑張って信用を築き上げていれば、意外と早く道は開かれるのかもしれないですね。

それまでは、甘い言葉に惑わされないように、地道に努力していくしか無いでしょう。

と言いながらも、いまだに甘い言葉に、ついつい乗ってしまいそうになるのですが・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする