審査の甘いキャッシングには落とし穴がある

借金がなくても、ブラックじゃなくても生活が苦しい時代です。

不況という言葉が、じわじわと生活の隅々にまで浸透してくるような気がします。

キャッシングやローンも、お金の余裕がないわけではないけど、便利だから借りるという方がだんだん少なくなっているところからもわかりますね。

キャッシングしないと生活できない」なんていう方がお金を借りると、「借りたお金を返すために、またお金を借りてしまう」という悪循環に陥る危険性があります。

また、そういった方は「キャッシングの審査に落ちてばかり」ということも。

うなだれる

多重債務ですでに数社から借り入れをしている場合はもちろんのこと、そうでなくてもキャッシングの審査に受かり辛くなっているという話もあります。

ただでさえ借りにくいのに、多重債務になると、どうしてもお金を借りたいために、「審査の甘いキャッシング」を探すことになります。

運良く審査が甘いキャッシング会社が見つかり、お金を借りることができたとして、返済の見通しが立っているのかを考え直してみてください。

借金返済のための新たな融資を必要としているのであれば、ちょっと考え直す余地があるかもれません。

借金返済日が迫ってから、新しい借入先を探す。 その繰り返しでは、総返済額は増すばかりです。

利息もありますから、借金は雪だるま式に増えてしまいます

私も経験があるのですが、利息計算を実際に年単位でしてみると、あまりの金額に驚いてしまいます。

例えば、月々1万円づつ返してしたとして、そのうちの1800円が利息だった場合、利息だけで年間21600円も支払うことになるのです。

12万円の支払総額のうちの21600円は大きいですよね。

どうしても月々いくらという金額だけに目が行ってしまいがちですが、トータルでの金額を考えて、少しでも早く返す方法を考えた方が良いです。

スポンサーリンク

多重債務にならない為には、新たに審査の甘いキャッシングを探すよりも、これ以上の返済額を増やさない努力をすることも必要です。

審査の甘いキャッシングを探すより、銀行のローン一本化プランを利用する方が先々の見通しが立てやすいかもしれません。

ローン一本化には、

返済日が毎月1回になるので、管理がしやすくなる。

トータルで利息が減る場合がほとんどなので、実質借金返済の総額が減る。

自分がいくら借金しているか、把握しやすくなる。

などのメリットがあります。

ただ、あちこちの借金をひとまとめにするため、借りる金額は大きくなりますから、その分審査は厳しくなってしまいます。

他社借入件数は問題にならないとしても、現在の収入や勤め先などの条件によっては、審査に落ちることも充分に考えられるのです。

不動産担保ローンなら、担保となる不動産の価値が高ければ、お金を貸してくれることもあるのでしょうが。

借金の一本化も出来ないような状態であれば、債務整理も考えるべきですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする