ローンの審査に受かるには年収が200万円以上無いとダメ?

ローンやクレジットカードの審査に何度も落ち続けていると、「どうしたら審査に受かるのだろう?」と思ってしまいます。

ローンの審査基準ってどうなっているのか不思議ですよね。

同じような条件の人でも、審査が通ったり通らなかったり。

特に家のローンなどでは、住宅ローンに通らないとその先が進まないわけではから必死です。

でも、金額が金額ですから、ローンの審査も厳しくなるのも事実。

以下に一般的なローンの審査基準について調べた内容を引用します。

ローンの審査を通過するには、まず18歳以上でなければいけませんし、年収が200万円以上あり常時一定の収入がなければいけません。

ガッツポーズをする若い男性

まあ、年収に関してはローン会社によっても違うでしょうが、未成年者の場合は審査以外に保護者の承諾が必要となり、他社借入件数や返済履歴も審査で調べられます。

返済は滞りなく行われているか、現在の月々の負担はどのくらいかなどが判断基準となります。

とはいえ、家のローンや車のローンなら、審査に及ぼす影響はさほど大きくないようです。

審査で重要視されるのがカードローンの利用履歴だと言われています。

いわゆる「クレヒス」ということですね。

カードローンを利用していて、きっちりと返しているということが一番だそうです。

逆にカードローンを一度も利用したことがない人は、意外と審査に通りにくいと言われています。

そうです。ブラックはもちろんダメだけど、ホワイトも審査には通りにくいと言われるのは、こういった理由からです。

あっ、ホワイトというのはブラックの対語として使われるもので、言ってみれば隠語です。

個人信用情報の事故情報が消えた場合も他の履歴も一緒にきれいに消えてしまうので、「ホワイト」と呼ばれています。

スポンサーリンク

最近は、金利手数料が掛からないローンなど便利な内容もあるので、ついついあまり何も考えずにローンを組んでしまったりしますが、審査の基準や借入条件をあらかじめ把握してからローンを使いたいものです。

ローンの審査に受かったと言っても、その後支払いが続くわけですから、「どうしたらきちんと返していけるのか」ということも、ちゃんと考えておく必要があります。

多重債務に陥ってしまったら、借りては返すの繰り返しになり、結局は破綻してしまうことになるのです。

一度負の連鎖におちいってしまうと、なかなか抜けられませんから。

そうなる前に、支払期間や支払い金額について、きちんと管理することが大切です。

追記:ローンの審査基準に年収の高さが重要な位置を占めているのは確かですが、同時に「安定性」も求められるのです。

極端な話をすれば、今売れっ子の芸能人でも、クレジットカードやローンの審査に落ちることはよくあること。

要するに、「今は良くても将来的にはわからない」という不安定要素から、落とされることもあるんだそうです。

まあ、億単位で稼いでいれば、ローンを組む必要さえ無くなるのでしょうし、担当者の判断にも依ると思いますが・・・

一般人で言えば、営業職などによくある「歩合制」で給料をもらっている場合も、現在の年収が高くても、収入が不安定ということではじかれるケースもあるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする