他社借入件数を嘘ついてもバレない?

キャッシングの申し込みの時に「他社借り入れ件数」を書くところがありますよね。

これって、正直に書いています?

何となく他に数社借りていたりすると、少しでも条件を良くしようと嘘の申告をしてしまいがちですが、やっぱり止めた方がいいですね。

やはり虚偽の申告はわかりますから。

a0002_008024

現在、キャッシングやクレジットカードの審査時には、個人信用情報を参照しますから、1件でも少なく書くとそこでバレます。

そう。どこのクレジットカード会社に申し込みをしたか?とか、どこの消費者金融から借入をしたか?ということが一目瞭然なのです。

実際にお金を借りなくても、キャッシングやクレジットカードの申し込みをしただけでも、履歴は残ります。

消費者金融やクレジットカードの審査に落ち続けていると、続けて何件も申請してしまいますが、審査に通らなくても「申し込みブラック」となっている可能性が高いです。

そうなると、実際に借り入れしている件数が少なくても、「いくら申し込んでも、なかなか審査に受からない」という状況におちいってしまいます。

で、他社借入件数についてですが、やはり3件以上になると、新たな借り入れは難しいでしょう。

また、件数だけではなく、借入金額についても問題になるということ。

何となく借入金額は少ないほうが良いと思いますが、実際は違います。

スポンサーリンク

例えば、1か所の金融業者から100万円借りている人と3社から20万円づつ借りている人では、借り入れ合計金額は100万円の人の方が多いですよね。

だけど、審査に受かりやすいのは多く借りている100万円の方の人だと言われています。

結局、ひとつの金融業者からそれだけまとまった金額が借りられるということで、信用度が高いとみなされるからです。

まあ、3社というのは何も決まっているわけではないのですが、統計的に多重債務に足を踏み入れているとみなされる件数なんですね。

例えば、10万円を5社からそれぞれ借り入れしている場合、「借りては返す」という状態になってしまっているとみなされても、文句は言えないでしょう。

実際に、それで多重債務をなんとか乗り切っている方も、たくさんいらっしゃいますから。

それ以上借りてしまうと、確実に多重債務への道まっしぐら、という数字でもあります。

本当に借りなければいけないお金なのかを、しっかりと確かめた方がいいですよ。

総量規制が施行されてから、ますます借りにくくなっていますから、他社借り入れがあるだけでも難しいのかもしれません。

キャッシングに頼らず、クレジットカードなどを上手に使い、節約を心がけながら生活した方が良いですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする