誰でも簡単にお金が借りられる方法って信じられる?

ネットで情報を探していると、やたら目につくのが「簡単に」とか「誰でも」という文字。

「誰でも簡単に稼げますよ」なんていうのが一番多いですよね。

だからということもないのでしょうが、「簡単にお金を借りられる方法」とか「何処かお金借りれないかなぁ」とか「どーやったら、お金借りれますか?」なんていう方が増えています。

中には「今日中に現金を手に入れるには?」なんて切羽詰まった質問をされる方も。

お気持ちはわかりますが、一度冷静に考えてみてください。

たいてい、こういった質問をされる方は、「どこに申し込んでもお金が借りられない」んですよね。

私も経験がありますが、あっちでも審査に落とされ、「この金融業者なら大丈夫だろう」と思ったところでも落とされ。

挙げ句の果てには、今持っているクレジットカードの限度額を上げることも拒否されて・・・

という経験をすると、多少ヤケになってしまうんですよ。

「お金が必要だから借りたいのにーーー」と。

考えこむ女子大生

それでも、「なぜことごとくキャッシングの審査に落ちるのか?」ということを考えてみたら、だいたいはわかりますよね。

もともと収入が少ない

勤続年数が浅い

過去にローンやクレジットカードの滞納履歴がある

消費者金融など数社からすでに借入をしている

そもそもが債務整理をしていてブラックである

などなど。

スポンサーリンク

まあ、最後の項目に当たる方は、原則としてお金は借りられませんよね。

それでも借入をするとなると、「ブラックでも借入OK」というところを探すしか無いです。

だけど、それは危険な賭けです。

今でも自己破産していてもお金を貸してくれる正規の消費者金融はあるみたいですが、数が非常に少なくなっています。

それに非正規との違いがはっきりしません。

余程困った場合を除いては、選択肢に入れない方が良いでしょう。

で、その他の方についてなんですが、やはり一番に考えるのは「借金を返せるあてはあるのか?」ということ。

あての無いまま借りてしまうと、どうしても多重債務への道にまっしぐらになってしまう可能性が高いです。

「お金を借りないで何とかならないか?」ということを先に考えてから、キャッシングするようにしましょう。

例えば、不用品を売るとか、この際思い切って、ほとんど乗ってない車を中古車店に売るとか。

「何もない」という人でも、現代社会でそこそこの生活をしていれば、売れるものはあるわけです。

金目の物はほとんど無いと思われる我が家でさえ、趣味で集めていたガラクタ同然の物が、結構高値で売れたりしたのですから。

特に「誰でも簡単にお金が借りられる方法」なんて探している方は要注意ですよ。

悪徳業者の餌食になってしまうかもしれませんから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする