ブラックでもお金を借りられたという確実な情報はある?

ブラックになったらお金は借りられないし借りてはいけないこと、というのはよーくわかっているのです。

わかってはいるのですが、「借りないことには生活できない」というのが正直なところ。

ブラックでもここでお金を借りられたという確実な情報を知りたい」という方がいらっしゃいます。

そういった情報は、当然あります。

試しにネットで検索してみたら、数々のサイトがヒットしました。

中には金融関係の掲示板で、「私はブラックだけど、この金融業者から実際にお金を借りました」なんていう書き込みも。

まあ、ネットの世界はもともと匿名ですから、信憑性のほどはよほど裏を取らない限りわかりませんよね。

それでも、実際に借りた人の情報の方が、「ブラックの人でもお金を貸しますよ」という大々的な広告ばかりのサイトよりは信用できるでしょう。

ただ、くれぐれもひとつの書き込みだけを見て、また逆に「あちらこちらの掲示板で書かれているから大丈夫だろう」と簡単に信用してしまわないでください。

PCで検索しながら頭を抱える

「債務整理をしている方、また自己破産した方でも融資の相談に応じます」という正規の金融業者はあるにはあるのですが、なかなか実態がつかめないのも事実です。

言ってみれば、どこまでが正規の金融業者かの境目すら付かなくなっていることも。

混沌とした時代ですから、騙しのテクニックも日々巧妙になっています。

いわゆる昔ながらの闇金融はほとんど姿を消し、今はソフト闇金に様変わりしているところが多いようです。

実態は変わらないのですが、表立った取り立てなどが比較的緩やかなので、今までより目立たなくなっています。

利息が法外に高かったり、一度はまってしまったら泥沼のように抜けられなくなる仕組みは同じですから、くれぐれも注意なさってください。

この取り立てですが、さすがに今は家にまで押しかけて来るということはないと思いますが、電話や郵便などがしょっちゅう来ることは覚悟しておいた方がいいです。



これは何もヤミ金融に限らず、正規の金融業者でも借金の返済が滞れば同じです。

まず電話はかかってきます

自宅に限らず職場や実家にまで、ということもあるようです。

また、たとえ正規の金融業者での借入れができたとしても、金利が高くて返せなかったら、火に油を注ぐような状態になってしまいます。

つまり、「ブラック」から半永久的に抜け出せない状況になることも考えられるのです。

ブラックになると経済的にも精神的にも苦しくなるのは経験済みですが、性急に借入先を決めることだけはしないようにしたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする