ブラックになってしまうと、もうどこの金融業者からもお金は借りられない?

ブラックって?という説明はもういいですよね。

何度か書いていますが、ブラックリストに載るようなことをした=借金返済が滞ったりり債務整理をした場合ということになります。

だから、多重債務であっても、自転車操業で借金返済日にどこか他の金融業者から借りてつじつまを合わせるようなことをしてでもきちんと返していれば、ブラックではないことも多いのです。

自転車操業

まあ、だからって安心するのはまだ早いんですけどね。

申し込みブラック」というものがありますから。

短期間にあちこちのクレジットカードやローン、またはキャッシングなどの申し込みをしていまうと、例え借りられなくてもブラック扱いされてしまうということです。

通常は、個人信用情報に事故情報が載ると「ブラック」と判断されるわけですが、「申し込みブラック」では、事故情報がなくても、同じところに分類分けされてしまう、ということです。

わかりやすく言えば、「この人にはお金を貸さないほうがいいな」と判断するチェックポイントのNo.1が「事故情報」で、次にチェックされるのが「申し込み情報」というわけです。

だから、収入が高いとか勤め先がどうこう言う前に、この時点でクレジットカードやローンの申請が却下されてしまうんですよね。

スポンサーリンク

で、すべてひっくるめて「ブラック」とされてしまうわけですが、やはり債務整理をしてしまったブラックの方については、「もうどこからもお金は借りられない」と思って良いでしょう。

多重債務だけど滞納はしてなくて書類上はブラックになっていないという方でも、消費者金融数社から借入をしていて、しかも比較的短期間に借りていたとしたら、やはり断られる可能性は高いでしょうね。

キャッシングなどの審査の際に問題になるのは、借入金額よりも借入件数だということはよく言われますので、消費者金融数社から数十万円づつ借りているパターンだと、きちんと返していたとしても、新たな審査に受かることは難しいと思われます。

よく「ブラックでもお貸しします」という金融業者を見かけますが、明らかに「正規の金融業者から借りられない人達」をターゲットにしていると考えられます。

暴利な利息で貸付したり、わざと返済できないようにして、どんどん借金を雪だるま式に増えして抜け出せなくする、なんて言った手口が使われるようですので、用心してください。

たまに、正規の金融業者でも「債務整理した方でも相談に応じます」というところがありますが、表立って「ブラックでも可」と書いてある場合は、疑ったほうが良いでしょう。

中小の消費者金融で、ブラックになっても融資の対応をしてくれるケースもありますが、よっぽど信頼できると判断する理由が無い限り、止めておいたほうが良いです。

どうしてもお金を借りたい」というお気持ちは、経験上本当によくわかりますが、うかつに手を出してしまうと、底なし沼から抜け出せなくなりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする