ブラックでも信販会社を通さないでローンを組む方法がある?

ブラックというのは、もちろん金融ブラックのことです。

ブラックというと、何となく「暗黒の世界」をイメージしてしまいますね。

裏街道を歩くとか。

一方、ブラックカードだと、一部のお金持ちしか持てないステータスシンボルとして考えられています。

一流企業のサラリーマン

そして、通常は債務整理をしたり多重債務で借金を返せなくなった人のことが「金融ブラック」と言われています。

なんだか、天と地ほどの違いです。

できれば、前者のブラックになりたいものですが、現実は厳しいです。

誰もなりたくてなるわけではないのですが、借金を滞納したり債務整理したりすると、金融ブラックになってしまいます。

ブラックの方でも借りられるローンってあるの?

ということですが・・・

うーーん、現状では「ない」んですね。

中にはちゃんとした消費者金融でも貸してくれるところはあるようですが、「どうなんでしょう?」というところ。

実際に借りてみたら「」だったなんていう話もありますから、わざわざ危ない橋を渡ることは無いでしょう。

よく掲示板とかで話題になっている、三文字の金融業者では自己破産しても貸してくれるようなのですが・・・

スポンサーリンク

信ぴょう性のほどは?というところ。

じゃあ、ブラックの人はローンが組めないか、というとそうでもなく。

クレジットカードが持てない人のために、信販会社を通さないで独自のローンを組んでいる会社もあります。

自社ローンとも言いますね。

信販会社を通さないので、独自の審査方法でローンが組めると言うこと。

とは言え「ブラック救済」というわけでもないので、「ブラックでも絶対に大丈夫」と言う保証はありません。

審査が柔軟というだけで、年収や職業、また滞納履歴があれば、落ちることも。

個人信用情報を参照しないということで、ブラック専用のローンのように言われていますが、そうでも無いんですよね。

また、そういう業者の中にも、「ちょっと怪しい」と思われるところもありますので、結局定価よりかなり高い買い物になってしまうという場合も多いんですよね。

まあ、信販会社を通さないでローンを組むということは、会社にとってもかなりのリスクがあるわけですから、金利が高くなって当然なのですが、あまりにも法外な場合はパスしてください。

金利が高いというよりも中古車販売店などでは、貸金業の登録をしていないところがほとんどですから、利息は取れないことになっています。

なので「金利ゼロ」をうたっていながら、車体価格を異常に高くしたり、ということもあるようです。

ブラックになってもローンが組めないというのは厳しいのですが、やはりブラックになってしまったのは「自分のせい」ですから、不便なのは仕方のないこと。

一番良いのは、日々の生活費を少しでも切り詰めて貯金をし、「イザ」という時に備えるということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする