自己破産したら持っているクレジットカードはどうなるの?

自己破産したらクレジットカードはどうなるのでしょうか?

素朴な疑問ですよね。

今や、クレジットカードを持っていない人の方が珍しいわけですから、自己破産するような状況に陥った人であっても、クレジットカードは持っているでしょう。

自己破産したらクレジットカードは発行している会社に返すの?と思いますよね。

この場合、返すというより、カードは無効になると言った方が良いのかもしれません。

自己破産を弁護士や司法書士の方に依頼すると、依頼した人が所持していたクレジットカードやローン会社に一斉に「破産手続きに入りました」というFAXを流すのです。

FAX 債務整理

あるいは郵送になることもありますが、とにかく、破産手続が始まった情報がクレジットカード会社に流れた時点で、カードは一切使えなくなります

まあ、生活が破綻して借金が支払えなくなった時点で、普通は新たにクレジットカードを利用しようとは思わないですけど。

中には、「自己破産するまでに、キャッシング枠を全部使っておこう」とか「ショッピング枠が残っているから使ってしまおう」と思う人も居るでしょう。

だけど、それは止めておいた方がいいです。

クレジットカードを利用して引き出したお金は、クレジットカードを発行している会社から借りているお金であり、購入した品物は、その支払いが終わるまではクレジットカードを発行している会社の物だと言うことをよーく考えてください。

クレジットカード会社は購入した品物を担保に顧客に融資をしているのですから、支払いが不能になることを承知でカードを利用すれば、不正利用ということになります。

それに、もしクレジットカード会社が回収命令を出した場合、カードで支払い中の商品は取り上げられることもあるのです。

ましてや、自己破産申請直前に大量の商品を購入していたとなれば、自己破産できないだけでなく、最悪の場合訴えられることだってあるのです。

生活が破綻したのですから、食べるのもやっとで苦しい生活が続くと思います。

スポンサーリンク

もう破産するのだから、どうなってもいい」なんて投げやりな態度になってしまうのもわかります。

それでも、過ちは二度と犯してはならないのです。

クレジットカードやローンが使えない数年間は、とても厳しいものですが、破産から立ち直るための試練と思って受け入れるしか無いのです。

違法な業者は自己破産履歴のある人でも貸してくれることがあります。

闇金融やソフト闇金ですね。

いわゆる「ブラックでも可」という甘い言葉に釣られて借りてしまうと、のちのち大変なことになってしまいます。

よく知られているのは、「法外な利息でお金を貸す」、「取り立てが厳しい」ということですよね。

だけど、お金を返せないように仕向けて、次の借り入れを約束するまで返済ができなくようにする、なんていう手口まであるのです。

もう、真綿で首を絞められるような、じわじわと攻めてくるやり方で苦しめるのですから、生きている心地がしないでしょう。

悪徳業者の口車に乗らないようにして、「今より悪くなることは無い」と信じながら、少しづつでも前進するしかありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする