クレジットカードのリボルビング払いの落とし穴

クレジットカードをついつい使ってしまうのは、やはりリボルビング払いがあるからですよね。

そう値段の張らないものを購入する時にも利用しますが、やはり、一括払いではなかなか手が出せないものを購入する時に利用することが多いのではないでしょうか?

通常なら商品を購入する時に分割払いにする場合、「ローン契約」を結ばないといけません。

書類を書いたり審査を受けたりするのって、結構面倒ですよね。

書類を書く-借金生活脱出日記

それが、クレジットカードのリボルビング払いなら、クレジットカードを使用する時に「リボルビング払いで」と言うだけで分割払いができるんです。

利用限度額の範囲内でなら、借り入れと返済を思うままに何回も繰り返せる借り入れ方式がリボルビング払いと呼ばれ、回転信用方式とも言われています。

クレジット返済方式の中ではよく使われる方式ですが、与信枠の範囲内の利用であれば借入のたびに契約しなくて済むのがメリット。

一般的なクレジット返済では、借入額に対して返済回数と返済額を決めてからお金を返しますが、リボルビング払いでは回数を定めず、毎月定額ずつを返済するので、自分の返せる範囲で契約ができるのです。

返済方法を決める時は、最低支払い金額だけは借入金によって決まりますが、返済回数の指定はつけずに返済を行うため、月々に返済する金額と残高によって、返済回数は自動的に決定するのです。

返済と借り入れを何度でも繰り返すことができることから回転信用方式、リボルビング払いと呼ばれています。

スポンサーリンク

このように、利用する側としてはとても便利なシステムですが、どうしても「月々の支払いが少なくて済む」ということばかりに目が行ってしまいます。

数十万もするものが、月々数千円で手に入るとなれば、「買っちゃう?」となってしまうのもわかります。

もともと欲しいものを「見るだけ」と自分に言い聞かせてショップなどに出かけるのですが、現物を目の前にするとテンションは上がってしまい、ますます欲しくなるでしょう。

通常は、金額の面で折り合わずに、泣く泣く諦めるわけですが、クレジットカードさえあればそれも解決するのです。

憧れのブランド品が、「今だけ30%OFF」とかになっていたら?

一括ではとても支払えないけど、リボ払いならなんとかなるんじゃないの?と思ってしまう気持ちもわかります。

ただ、月々の支払いが少なくてもしっかりと利息は取られていますので、「分割で支払ってまで手に入れたい商品かどうか」ということをよく考えてから利用したいですね。

その場の雰囲気で購入を決めてしまうと、商品はあまり使わないのに、月々のローン支払いだけ続くという悲惨な状況になってしまいますから。

ローン地獄に陥った私が言うのもなんですが、ローン破産なんていうことにならないためにも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする