グレーゾーン金利で借入れをしていた人は過払い請求ができる?

過払い請求という言葉は、テレビのCMでもおなじみですね。

でも、実際にどういった場合に過払い請求できるのか、またどういった手続きをすれば良いのか、ということがイマイチわからない方が多いでしょう。

過払い請求自体あまり馴染みがないと言う方も多いでしょうが、少し前までにグレーゾーン金利で借入れをしていた方は、過払い請求ができるかもしれません。

既に完済し終わっている人が、キャッシング過払い返還請求が出来ることになっています。

返済を7年以上し続けている人も、過払いの返還請求ができるかもしれないということ。

債務整理の際にも、少しでも残債を減らすために、過払い請求をしてから整理をするという方法もとられています。

キャッシングの過払い返還請求手続きの方法は、通常弁護士に依頼し、電話や電子メールだけでも進める事が出来るということ。

過払い請求を電話で相談
だけど、できれば面談の上依頼した方が確かではありますね。

通常依頼した日から2ヶ月~半年程度で、指定口座に過払い分の振込が可能だそうです。

弁護士への報酬は弁護士事務所によってさまざまなようですね。

弁護士と司法書士によっても違ってきます。依頼した先が司法書士の場合、裁判手続きを行う事も交渉も、請求金額が140万円を超えると出来なくなってしまいます。

なので、借りていた元金が140万円以上になる時には、弁護士に頼むことにいうことですね。

キャッシング会社との取引期間が長ければ長い程、過払い請求可能な場合が多いので、あなたのキャッシング履歴を一度確認してみましょう。

いつから借り入れをしていたのか?がわかれば、ネットで簡易過払い計算ができるサイトもあります。

過払いは正当な権利なので、請求できる場合は堂々と手続きをして良いのです。

スポンサーリンク

過払い金請求は、弁護士や司法書士に頼まなくても自力でもできるようなのですが、煩雑な手続きをこなす自信が無い方は、難しいでしょうね。

私も自信が無い方なので、最初からお願いしてしまいました。

アドバイスとかもしてもらえますし、借金のことは誰かに話しを聞いてもらえるだけで、少しは気分が楽になりますから。

それと、債務整理時に、先に過払い請求をしてから、債務整理の手続きに入ることも可能です。

過払い金が多ければ、任意整理の時など、最終的に残債がゼロになってしまうこともあるのです。

とりあえずは、相談ということになりますね。

ある方の体験談で、「過払い請求できるかどうか調べてもらったら、できないと言われて落ち込んだけど、結局、そのことで相談した司法書士の方のおかげで、任意整理できました。」ということ。

一歩を踏み出すという意味では、「とにかく専門家に相談する」というのが、立ち直りへの早道だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする