ローンや借金の一本化をする前にしなければならないこと

ローン地獄に陥った私が言うのもなんですが、多重債務の一歩手前として、複数の会社からの借り入れがあります。

そのまま放っておくと多重債務になってしまいますから、なんとか支払いが出来ている間に「借り換え」や「一本化」を考えましょう。

毎月、バラバラな日にちに数社の支払いをしていると、返済日や返済総額、それに全体でいくら払っているのかが、把握でき辛くなります。

そうなると、現時点でどこまで返済が進んでいるのか、総返済額はどのローンでいくらになっているのか、曖昧なままになってきますよね。

ローンの一本化をする前に、自身の収入や返済に回す金額、絶対に必要な支出などを把握しておくことが非常に大切になってきます。

自分の返済の能力をできるだけ正しく認識するためにも、一本化をする前に、月々の収入と、生活に必要な金額を書き出すなどして頭に入れておきましょう。

給与明細-借金生活脱出日記

そして、もう一度一本化ローンをしなければならないほど複数の金融業者でローンを組んだ理由も考えましょう。

間違ったお金の使い方、無駄使い、何のためにお金を使ったのか分からなくなってしまっているようなことはないでしょうか?

また、多重債務一歩手前まで行くと、ローンの支払や借金を、他から借りて補填するなんていうことも。

そうなると、借金を借金で返すことになるので、根本からお金の流れを変えなければなりません。

当たり前ですが、ローンを一本化したとしても、借金がすべて無くなるわけでは無いのです。

スポンサーリンク

利息は安くなるはずですし、支払日が一回で済みますから管理はしやすくなりますが、月々返していかなければならないことには変わりはありません。

もしかしたら、数千円づつ返していたのが、一度に返さなければならなくなり、かえって負担になるかもしれません。

その辺のこともしっかりと考えて、返済計画を立ててから、ローン一本化の申し込みをしたいものです。

また、おまとめローンと称して、実は闇金融に近い金融業者だったなんていうこともあります。

紹介屋という、自身ではお金を貸さないで、紹介料をもらい悪徳業者をすすめるところもあるので、注意が必要です。

また、借りる金額が多額になるので、審査自体は厳しいはずです。

不動産担保ローンでは、担保となる不動産が価値のあるものなら、審査にも通りやすいと言われていますが、リスクがあるのも事実です。

すんなり審査に受かっても、月々の支払いが滞ったりすれば、たちまち家や土地を取り上げられてしまうのですから。

もし、「最終的には土地や家屋を失っても仕方がない」と思うのでしたら、最初から任意売却などで、売ってしまったほうが良いかもしれません。

とにかく、安易に「ただまとめれば支払いが楽になる」という考えだけで、ローン一本化やおまとめローンの契約をすることは止めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする