闇金融のような違法業者にひっかからないためには?

破産しても作りやすいクレジットカードの情報」というサイトを見つけました。

興味津々でのぞいてみたんですけどね。

ずらずらっと、「ブラックでも自己破産しても融資OK」というあまり名前の知られていない消費者金融が載っていました。

「へぇーー、こんなにあるんだ!」と思いながら眺めていたら。

但し書きのところに、「正規の消費者金融で闇ではありませんが、当方ではよっぽど困った場合しかお勧めしません」と書いてありました。

やっぱり「なんだか怪しい感じ」がぷんぷんしますよね。

それほど、「ブラックでも破産者でも申し込み可能」という金融業者は、正規のところとそうではないところとの線引きが難しいということでしょう。

バイク-借金生活脱出日記

以前、自社ローンの記事でも書きましたが、中古車店などで「自社ローン」を取り扱っているお店にも大きく分けて二種類あります。

「純粋にお客様へのサービス」というところと、信販会社も併設していてバカ高い金利でローンを組ませるところがあるということ。

まあ、お金にからむことでなくても、普通のお店でも「悪徳」と呼ばれるところはあるわけですが、やはり「貸金」に関わることは、裏が付物ですからね。

よっぽど注意深くしていないと、コロッと騙されてしまいます。

スポンサーリンク

特に闇金融から一度でもお金を借りてしまうと、本当に地獄行きになってしまいますから。

契約書も無ければ利息だって取り放題、という。

全くの無法地帯のような感じ、というか違法なことをしているのだから当たり前ですよね。

ある体験談によると、「支払日になっても振込先を教えてもらえず、止む無く延滞してしまったら、催促が来て高い延滞金を取られた」とのこと。

なんでも、「その都度振込口座が変わるので、毎月支払い日近くに連絡します」と言われたとか。

もう滅茶苦茶で詐欺まがいの行為ですよね。

こんな悪質なところに捕まってしまったら、なかなか抜け出せないですから。

破産しても作りやすいクレジットカード」などを探している方は要注意です。

自己破産をしていても、すでに数年経ち、「個人信用情報」から「事故歴」が消えている人ならまた話は別です。

ただし、その場合でも、1回でクレジットカードの審査に受かるのは難しいと言われています。

追記:中小の消費者金融、いわゆる街金と呼ばれる金融業者の中には、地域限定でお金を貸しているところも多く、古くから営業しているところもあります。

こういった金融業者は、正規の消費者金融である確率が高く、信用できるのですが、ほとんどで対面審査のみで、初回に借りられる金額も数万円程度となっているようです。

名前が知られていない分、口コミ情報を探すしか無いのですが、よく似た名称の闇金融があったりするので、借りる時には、充分に吟味する必要があります。

できれば借りないに越したことは無いのですが、「どうしてもお金を借りなくては生きていけないけど、他の金融業者で断られ、どこからも借りられない」という時には、頼りになるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする