個人信用情報に事故情報が載っている人でも組めるローンとは?

ブラックという言い方も結構あやふやでして、「もうどこの金融業者に申し込みをしても通らないから、ブラックなんだ」と思い込んでいる場合もあるわけです。

ただ、債務整理などをして「金融事故者」となっている方以外でも、もしかしたら「申し込みブラック」になっている場合はあります。

結局、はっきりと「ブラック」と言われなくても、「通常はよほどのことでない限り審査に通るような金融業者」の審査でさえ通らなくなったら、ブラックと言えるのかもしれません。

通常、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などに「ブラックリスト」なるものは存在せず、「個人信用情報」を参照して、主に自己情報が無いか確認するということなのですが・・・

その他にもブラックリストが存在するのでは?と疑心暗鬼になるという気持もわかります。

実際のところどうなのか?というのは、多分公表されないでしょうから、わからないんですよね。

今はどこの金融業者でも、顧客情報はデータベース化していますから、ブラックリストをわざわざ作らなくても、検索すれば一目瞭然ということかもしれませんが・・・

スポンサーリンク

はっきりしているのは、特別調停も含めた債務整理をした人。

その場合は、最低でも5年はローンも組めないしクレジットカードの審査にも通りません。

よく「ブラックでも申し込み可能」という金融業者がありますが、まず怪しいと思った方が良いでしょう。

ただ、電化製品や車などの物品を購入した場合のローンに関しては、信販会社を通さない独自ローンで対応している業者もあるので、ブラックでも組める場合もあります。

中には、法外な利息を提示される悪徳業者もあるようですが、ちゃんとした会社もあると思いますので、問い合わせてみるのも良いかもしれません。

問い合わせ-借金生活脱出日記

ただし、独自ローンのところがすべて「ブラックの方でもOK」ということではないので、結構審査が厳しい場合もあります。

一般の信販会社でのローン審査に受からない方が利用するイメージが強いのですが、そうではない場合もあるんですよ。

逆に「ブラックの方でも歓迎」みたいなところは、避けたほうが良いでしょう。

法外な利息を取られたり、最悪の場合、闇金融とおぼしき金融業者を紹介されることもあるようなので、怖いですよね。

基本的には、自社ローンや独自ローンを取り扱っているお店では、貸金業の届け出をしていない場合がほとんどなので、利息は取れないことになっています。

だけど、「金利ゼロ」という名のもとにお客さんを引きつけておいて、廃車寸前の車を高く買わせようとしたり、というところもあるようなので、いずれにしても、注意は必要です。

とにかく、安易に申し込みはしないで、問い合わせて内容をよく理解した上で契約するようにしたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする