自社ローンは実際に借りやすいの?

ブラックになってしまうと、クレジットカードが持てないしローンが組めないのは当たり前。

それでも「なんとかしてローンだけでも組めないだろうか?」というシーンには何度も出くわすわけです。

ブラックになってしまった方が唯一ローンが組めるかもしれないシステムが、独自ローンですね。

自社ローンとも言います。

中古車店で見かけることが多く、中には家電のお店などもあります。

中古車店-自社ローン

結局、贅沢品は買えないけど、どうしても必要になるが値段が高いものについて、「事情があってローンが組めなくなったお客様にも対応できるように」ということでできたシステムのようです。

ただ、貸金業者が「中古車販売」というように形を変えて、運営しているところもあり、お金を貸すことが目的ということが多いので注意が必要です。

あるいは、中古車店自体は信用できても、お金を借りる部分は貸金業者に任せていて、そこで暴利な金利を上乗せされるなんていうケースもあるということ。

気がついたら、中古車本体の価格よりも利息の方が上回っていた、なんて笑えない話もあるそうですから。

ブラックでもローン組めます」なんて大々的に広告を出している業者ほど、十分に注意して契約することが大切です。

できれば、何度か車を買ったことがある中古車店で、「独自ローンに対応していますか?」と聞いてみる、というのが一番良いと思いますよ。

というのは、今は物が売れない時代。 中古車市場も例外ではなく、売れなくて苦戦している業者さんも多いとか。

そんな中、お客さんから「なんとか独自ローンにしてもらえないだろうか?」と頼まれたら、「うちの店でも対応を考えようか」ということになりますよね。

そういったいきさつで独自ローンに踏み切ったお店は、信用できるのではないでしょうか?

ただ、ある中古車販売店の店長さんいわく「自社ローンに踏み切ったお店が、次々に姿を消していくような気がする」というのです。

結局は、途中で支払いが困難になる人が続出して、貸し倒れになるということです。

スポンサーリンク

ブラックになっていても、最初からローンを踏み倒す気持ちで借りる人はほとんど居ないと信じたいけど、途中で失業して無職になってしまったなどの理由で返せないことが多いみたいです。

ブラック救済措置」のようなものがあっても、なかなか育たないのは、やはりその辺に問題があるのでしょうね。

「二度と同じ過ちは繰り返したくない」と思うのは誰しも同じと思うのですが、一度生活が破綻してしまうと、同じところでまたつまづいてしまうのかもしれません。

それでも、「なんとかお金を作って、予定よりも早く返済してくれる人も居る」ということですから、そういう人が増えれば、もっと利用しやすくなるのではないかと思います。

ただ、最近は自社ローンの利用者も増えてきて、昔のような悪徳業者は少なくなってきているようです。

とは言え、もともとは「信販会社のローンに受からない人」をターゲットにしているため、どうしても契約上のトラブルは付きものですよね。

「納得行くまで質問して、少しでもおかしいと思ったら契約を辞める」という、毅然とした態度も必要になるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする