クレジットカードとデビットカードの違いとデメリットは?

このサイトでは、デビットカード、特にVISAデビットカードのメリットを主にご紹介してきました。

債務整理をした後でクレジットカードが持てない身としては、本当に便利なカードなんですよ。

デビットカードを知らない時は、いちいち買い物の前にATMでお金をおろすということをしていましたから。

月数回まではATM手数料無料にはなっていましたが、お金の余裕の無い人間にとっては、こまめにお金をおろすという選択肢しかないんですよね。

ATM-借金生活脱出日記

いつも銀行口座にそんなにお金が入っているわけではないですので。

その手数料がかからなくなるだけでも、かなりのメリットなんです。

それに、ほぼ無審査で発行してくれる点や現金を持つ煩わしさを解消してくれる点、VISA加盟店でクレジットカードとして利用できる点などメリットの方が大きいくらい。

それでも、デメリットは存在します。

まず、クレジットカードではないので、分割払いができない

これは、本当に仕方のない事なのですが、銀行口座に預けている金額の分だけでも、分割払いができればいいのに、と思ってしまいます。

例えば、2万円ほど銀行口座に残金がある場合、2万円以内の商品だったら分割払いも可能にしてくれるとか。

その代わり、商品代金の支払いが終わるまでは、他の買い物はできないという具合に。

まあ、管理が煩雑になるでしょうから無理ですね。

あとは、楽天VISAデビットカードの場合は年会費が1,000円ほどかかる点(楽天JCBデビットカードは年会費無料)

他にも年会費がかかるところや無料のところもあるのですが、通常のクレジットカードだと、年会費無料のカードがほとんどなので、高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

今は選択肢も増えてきたので、気になる方は年会費無料のものを選べばOKですね。

細かい点で気になるデメリットというのもあります。

スポンサーリンク

ポイント還元率がクレジットカードに比べたら非常に少ない点。

クレジットカードだと、一回の買い物につき何パーセントと結構馬鹿にできないくらい貯まることがあるのですが、デビットカードだと忘れた頃に少しだけ付くという感じです。

それでも、付かないよりはいいんですけどね。

それから、ネットをコアに使っている方にとっては、サーバー代などの月々の支払にデビットカードを利用できないところが多い点が挙げられます。

今までカード番号を登録しているだけで自動引き落としだったものが、いちいち支払いをしなくてはなりませんから。

と、これだけ書いてきてわかったのですが、クレジットカードと比べてできないことは「お金を借りること」くらいかな?と思います。

まあ、クレジットカードの便利さはそこにあると言っても過言ではないのですが、「どうもクレジットカードだと使いすぎてしまって」という方にとっては良いことかもしれません。

特に、私達のように、一度ローン地獄に陥ってしまった者にとっては。

追記:デビットカードの中でも、JCB付きのデビットカードについては、ポイント還元率が1%で、クレジットカードには及びませんが、ほとんどが0.5%以下という中では、高い方だと思います。

実際に使っていても、10,000万円単位の買い物をすれば、百円単位でポイントが付きますから、かなりのお得感がありますよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする