楽天VISAデビットカードは本当にクレジットカードとして使えるの?

「楽天VISAデビットカード」は「デビットカード」ですから、いわゆるクレジットカードではありません

デビットカードということは、銀行口座に現金が入っていないと使うことはできないのです。

[楽天カード]と楽天VISAデビットカードがあって紛らわしいのですが、「デビット」とちゃんと書いてありますからね。

「じゃあ、クレジットカードとして利用することはできないのでは?」と思われそうですが、クレジットカードとして利用することもできます

インターネットやリアルのお店で買い物をする時、一括払いで支払う場合のみ「クレジットカード払い」として利用することができるというわけ。

レジでデビットカードを使う私も楽天VISAカードは所有していますのでしょっちゅう使っていますが、利用するお店で「VISAカード一括払いでお願いします。」というだけで利用できています。

「デビットカードですか?」と言われることもないですし、自分から「デビットカード」という必要もありません。

だから、ブラックになってしまいクレジットカードが持てない人にとっては、とても便利なカードなんですね。

ただ、クレジットカードとして利用できるということで、一部で「ブラックでも作れるクレジットカード」として紹介されたりしていますが、それはやはり「間違い」であるとも言えるでしょう。

あくまでも、VISAカードとして使えるというだけですから。

スポンサーリンク

それだけをきちんと理解していれば、審査不要で作れますから、ブラックでない場合でも一枚持っていると便利ですよね。

自分の銀行口座に今ある金額の中で買い物をする、ということは、もしかしたら一番理にかなっているのかもしれません。

それでも、「分割払い」ができないのが、結構不便だと思ってしまうのですが、それは無いものねだりというものでしょう。

本当は、クレジットカードと併用して使うのが、理想的なんでしょうね。

使い過ぎるということがないですから。

VISAデビットカードは、楽天銀行の他、SURUGA銀行、りそな銀行、ジャパンネットバンクなどでも作ることができます。

※現在は、VISAだけでなくJCBカードも選べるようになっています。

ブラックで今はクレジットカードが持てないという方にとっては、救世主とも言えるカードだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする