ブラックでも作れるクレジットカードの裏技はあるの?

道のり-借金生活脱出日記 デビットカード

ブラックになるとクレジットカードが持てないのは当たり前

ブラックになるとクレジットカードは持てないもの、というのが常識です。

だけど、「なんとか持てるような裏技は無いの?」と思ってしまうのも人情。

また、クレジットカードが作りたくても作れない、何度申し込みをしてもいつも審査に落ちてしまう、なんていう経験を何度もしてしまうと、途方に暮れてしまいますよね。

クレジットカードを持たなきゃいいじゃないかと思われそうですが、今の時代、クレジットカードの一枚も持っていないと、社会的信用が得られない場合もあります。

それに、お金に困ってキャッシングするにも、クレジットカードを持っていないとダメですものね。

分割払いやキャッシングはできなくてもいいから、ということであれば、原則無審査のVISAデビットカードがありますが、一部のお店ではクレジットカードとして取り扱われないこともあるとか。

まあ、今のところはレアなケースですし、ブラックでもVISAカードが使えるだけでもありがたいと思っています。

※現在は、VISAの他にJCBやマスターカードも選べます。

ブラックでもクレジットカードを持つ裏技的方法はある?

それでも「どうしてもクレジットカードが欲しい」ということになれば、どうしたって裏技的な方法ばかり探してみたりするものです。

ちなみに、ブラックの中でも自己破産をしている人は、官報に情報が載るので、他の債務整理よりも喪明けには時間がかかると言われています。

自己破産して官報に載ればクレジットカードは作れない

「官報に載るとどうしてクレジットカードが作れないか?また他の債務整理よりも時間がかかるのか?」については、こちらを御覧ください。↓

「官報に掲載されること=金融ブラックとなり、その情報が個人信用情報機関の信用情報に登録されていると、今後5~10年はクレジットカードの審査をはじめとする各種金融商品の審査に通ることはほぼ不可能になります。

裁判所に自己破産を申請すれば、その時点で債権を持っている金融会社に連絡が行くため、必然的に自己破産申請の事実が信用情報に登録されることになり、自己破産申請=すぐに信用情報に登録されるため、審査に通ることが難しくなるのです。

また、官報の情報を収集している金融会社があります。

官報には、破産した人のリストが記載されていますが、実は、金融会社の中には、官報情報を独自に収集しているところがあり、この官報情報を自社のデータベースに登録されているのです。

つまり、会社のデータベースに官報情報を登録することで、各種審査の際に破産者を拒むようなシステムになっている、ということ。

そうすると、官報情報を収集している金融会社が提供する各種金融商品の審査に合格することは、破産時に債務があった金融会社以外のところにも破産情報が登録されている可能性があるため、ほとんど不可能になります。」

なんですね。

クレジットカードの審査を受けるのは喪明けを待つしか無い

だから、「自己破産していてもOK」と書かれていても、うかつに信じてはいけない、ということがわかります。

たいてい、抜け道的な方法ってしょうもないものから法律に違反するようなことまであって、どれも信じられないようなことばかり。

となると、正々堂々と審査を受けて受かるということを目指した方が良さそうです。

時間はかかりますけど。

ブラックと言っても、もうすでに債務整理して数年経っているのであれば、個人信用情報の開示をしてから申し込んだ方がいいですよ。

事故履歴がまだ残ったままでクレジットカードやローンの審査を受けてしまうと、却下された挙句に、今度はその履歴が数ヶ月は残ると言われています。

ということは、その分また長い道のりになるということですから。

道のり-借金生活脱出日記

どんどん長くなれば、永久に審査に受からないなんていうことにもなりかねません。

ブラック明け後の申し込みには、十分注意を払うことが必要になります。

裏技というわけではありませんが、一説によると、「携帯電話のローン契約なら、比較的喪明け後でも通りやすい」と言われています。

今はほぼスマホなので、本体価格も結構高くなっていますよね。

「だけど、ローンの審査に通らないからなあ」と思っているのでしたら、思い切って審査を受けてみても良いかもしれません。

これは、携帯会社が、審査時に「携帯電話料金の滞納や二重三重の契約が無かったか?」ということを一番重要視するためで、実際に喪明け後でも「通った」というケースもあるのです。

とは言え、誰でも通るか?と言えば、そんなことは無いのですが、運良く審査に通ったならば、延滞の無いように、月々の支払いをきちんとしていれば、信用情報にも載りますから、クレヒスを作ることができますね。

その上で、クレジットカードの申し込みをすれば、受かる確率も高くなるということです。