クレジットカードも使い方を間違えると誰でもローン地獄に?

クレジットカードも使い方を間違えると誰でもローン地獄になるのでは?という話。

突然ですが生活保護の不正受給って、よく話題になりますよね。

中には、外車に乗って生活保護費を貰いに来るとか。

信じられません。

外車-借金生活脱出日記

でも、やはりそれは一部の心ない人達のこと。

結局は不況で職を無くして、生活保護を頼らざるを得なくなったということだと思います。

と同時に、自己破産する人も増えています。

不況ということもありますが、クレジットカードの使い方を間違えると、誰もがローン地獄に陥る危険性はありますよ、というお話です。

クレジットカードはとっても便利ですよね。

何しろ「現金を持ち歩かなくて良い」のですから。

今や、クレジットカードを持っていない人の方が少ない位でしょう。

持っていないと、逆に「何かワケでもあるの?」「もしかしたらブラックなのかも」なんて思われかねません。

クレジットカードの使い道はいろいろとあります。一般的にはショッピングなどの買い物で利用する、レストランなどでの食事に、旅行や宿泊に利用するなどという使い方があります。

そして、クレジットカードには「キャッシング機能」が付いていて、自分のお金が口座になくても、即座に借りられてしまうのです。

他にも、クレジットカードを使って公共料金や携帯電話料金などを支払うこともできます。

ポイントが貯まるクレジットカードでは、なるべくこういった毎月の支出をカード払いにすると、ポイントが貯まりやすいということがありますね。

スポンサーリンク

クレジットカード払いにしておくだけで特にカードを使わなくてもポイントがたまり、たまったポイントが金券や商品と交換できますから便利です。

あとは、クレジットカードを持っているだけで、関連業者のサービスが無料になったり割引になったりすることもあります。

ただ、クレジットカードがあまりにも便利過ぎて、ついつい使い過ぎてしまうなんていうこともありますね。

最初に「今月はいくらまで」と少なめに組んだ予算内で使っていくようにしないと、クレジットカードの支払いができなくて、結局は自己破産となってしまいますから。

特にリボ払いにはご注意を。

クレジットカード会社によっては、「今月使いすぎたな」と思えば、後からリボルビング払いに変更できるので、「常に3,000円づつの支払いになっている」なんていうこともあります。

リボ払いは便利だけど、月々の支払金額が少ないと、元金までなかなか到達しないのです。

金利も、月々の支払金額が少ないほどどんどん増えていくシステムなので、少しでも支払い金額を増やして、早く返済する努力をしないと、「払っても払ってもちっとも減らない」ということになってしまいますよ。

ローン地獄に陥った本人が言うのですから間違いないです。

だんだん自分のお金との区別が付きにくくなってしまい、「お金を借りているんだ」という意識が薄くなるんですよね。

とても便利なクレジットカードが使えなくなる前に、一度ご自身の持っているクレジットカードの利用方法を見直されてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする