多重債務だとなぜお金を借りられないのか?

怒る猫-借金生活脱出日記
多重債務になるとお金が借りられないのは当たり前。 ほとんどの方はそんな風に思っていますよね。 なんで?という素朴な疑問が。 「だって、いろんなところで...

多重債務になるとお金が借りられないのは当たり前。

ほとんどの方はそんな風に思っていますよね。

なんで?という素朴な疑問が。

「だって、いろんなところで借りまくっているから信用ならないでしょ。」

ということなんですが、それってどこでわかるのか?って考えたことはないですか?

私も多重債務時代は、「あー、もう3件も申し込みしちゃったからダメなんだよね」と思っていました。

ある意味正解なんですが、根拠はなかったです。

だって、その時には「個人信用情報機関」の存在さえよくわかってなかったですから。

多重債務になると、どうしてもうどこからもお金が借りられなくなるのか?というと、やはりこの「個人信用情報機関」のデータが鍵になるんです。

個人信用情報機関については何度か書いていますが、要するに個人のクレジットカードやローン、キャッシングなどの履歴が一覧になって見られる情報機関とでも言いましょうか。

ここで、「そんなもの公開されてはプライバシーの侵害だろう」なんて怒ってはいけないのです。

怒る猫-借金生活脱出日記

この個人情報については、さすがに誰にでも公開するなんていうことはあり得ないのですが、「本人が同意すれば」見られるんです。

「そんな。同意なんてしたこと無いぞ!」とまた怒っているあなた。

クレジットカードやローン、キャッシングなどに申し込みをする際には、「個人信用情報機関の私の情報を参照すること」に同意しなければ申し込みが受理されないことになっているのです。

だから、申し込みをした時点で同意してるんですよね。

まあ、お金を貸す方にしてみれば、何も証拠がないのに信用しろと言われても困ってしまうということでしょう。

で、話を戻しますが、この個人信用情報には「金融機関にローンやクレジットカードの申し込みをした」という事実も掲載されてしまうということ。

スポンサーリンク

だから、多重債務になってしまい、なかなかお金が借りられなくなった時にあちこちに申し込みをしますよね。

結果は「残念ながら今回はお申込みを見送らせていただきます」とか「ご希望に沿えない結果になりました」などと言われ、実際には借りられないことの方が多いです。

「まあ、結果はダメで借りられなかったんだから、個人情報に傷は付かないだろう」と思ってしまうのですが・・・

申し込みをしたという事実が残っている限り、「審査に落ちた」こともはっきりわかってしまうのです。

さすがに「審査落ち」とは記載されませんが、審査に受かれば「成約情報」になるので、それが無ければ自動的に「落ちたんだな」ということがバレてしまうんですね。

そうじゃなくても、次々にクレジットカードやキャッシングの審査に申し込んでいる時点で、「切羽詰まっている」ことはわかりますから。

誰もそんな人にお金は貸さないということです。

1件申し込んでダメだったら、最低でも半年は空けて申し込みをしましょう。

もしくは、匿名で簡易審査が受けられるサイトなどを利用するのがいいですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサードリンク
PREV:無職専業主婦でも夫に内緒ですぐお金が借りられるところは?
NEXT:ブラックになっていてもオートローンは組める?
自己破産をしてもブラックリストに載らない方法はある?

自己破産をしてもブラックリストに載らない方法はある?

どうしてもお金が必要という方に耳寄りな情報?

どうしてもお金が必要という方に耳寄りな情報?

自己破産していても審査なしでお金を貸してくれるところ

自己破産していても審査なしでお金を貸してくれるところ

ブラックになるともう一生クレジットカードは作れないの?

ブラックになるともう一生クレジットカードは作れないの?

誰でも簡単にお金が借りられる方法って信じられる?

誰でも簡単にお金が借りられる方法って信じられる?

ブラックでもローンが組める独自(自社)ローンの仕組み

ブラックでもローンが組める独自(自社)ローンの仕組み