デビットカードは口座にお金が無くても申し込めますか?

デビットカードについては、以前にも書いていますが、デビットカード自体は口座にお金を入れておいて、その範囲で買い物ができるというカードです。

他のデポジット方式のカードと同じですね。

昔からある、専用の端末に10,000円入金すれば、10,000円分の買い物ができるという。

コンピニ-借金生活脱出日記

システム自体は非常に単純なものです。

ただ、専用の端末にお金を入れるのは面倒なものですから、自分の銀行口座から勝手に引き落とししてくれるデビットカードはとても便利なのです。

それに、VISAデビットカードなら、一括払いしか使えませんがクレジットカードとしても利用できます。

ここを間違えないでもらいたいのですが、「クレジットカードとして利用できる」というだけで、その他はデビットカードの機能しか使えません。

それでも、債務整理などしてブラックになった方にとっては、非常に役に立つカードと言えるでしょう。

タイトルのように「デビットカードは口座にお金が無くても申し込めますか?」と聞かれたのですが、残高ゼロではさすがに申し込みはできないでしょう。

とは言え、デビットカードの場合は原則審査はなし、ということなので、もしかしたら大丈夫なのかもしれません。

それでも、最初にいくらかは入れておかないと、イザ利用しようと思った時に「残高不足で利用できません」ということになってしまいます。

スポンサーリンク

何度かそういったことを繰り返すと、デビットカードが使えなくなるようなこともありますから(各会社によって規定は違いますが)、注意が必要です。

それに、残高不足で引き落としができないという状況が多発すれば、今後デビットカード発行にも支障がでてくるかもしれませんよね。

だいたい、口座から引き落とされるカードを作るのに、残高ゼロではさすがに不安でしょう。

中には、「裏技」とばかりに、たまたまシステムの都合上即日引き落としができないところを承知の上で利用し、故意に後払いにしている人も居ます。

もっと悪質な場合、引き落とされるのがわかっているのに、口座にお金を入れておかないとか。

そんなことしても、結局は、自分の信用が落ちるだけなんですけどね。

デビットカードと言えども、悪質だと判断されれば「ブラックリスト入り」なんていうことにもなりかねません。

せっかく誰でも作れるありがたいカードなのですから、ルールに従ってきちんと使うようにしたいものです。

※最近では、デビットカードも市民権を得てきたようで、JCBやマスターカードも使えるようになり、発行している銀行も増えてきました。

トラブルを事前に防ぐためにも、「即日引き落としできない場所でのデビットカードの利用は制限されているようです。

だからと言って、「口座にお金が入って無くても大丈夫」ということではなく、日頃から、ある程度の金額は入れておくようにしておいた方が良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする