失業者のための求職者支援制度では預貯金額を調べるの?

失業中の方がお金を借りるにはどうしたら良いのでしょう?

失業中ということは無職になってしまうので、お金を借りるのは難しくなりますよね。

それでも「どうしてもお金が必要」という事態になってしまうことも多いかと。

正社員の職に就くまでの間、派遣社員として登録するとかアルバイトをするなどして、収入を確保するというのもひとつの方法ですよね。

クレジットカードやローンなどの融資の審査では、やはりアルバイトや派遣社員の方は不利になることも多いですが、無職ではないのですから審査に受かる可能性もぐんとアップします。

求職者支援制度

ただ、自分自身も経験があるのでわかるのですが、アルバイトなどである程度責任のある仕事を任されるまでになってしまうと、なかなか他の仕事に替わるきっかけがつかめなくなるということもあります。

特に中年以降の方で、今まで培ってきたスキルがある場合、前職に関連のあるアルバイトや派遣職で、安い賃金で重宝に使われてしまうなんていうことにもなりかねません。

スポンサーリンク

失業して無職になると、どうしても「すぐに収入を得ないと」と思ってしまいますが、自分のやりたいことやスキルを蓄えてから正社員の職を探すという方法もあります。

例えば、求職者支援制度を利用して職業訓練を受けること。

条件が合えば給付金受けられますので、当座の生活費はなんとかなるかもしれません。

まあ、「職業訓練を受けたとしても、そのスキルを活かす職場がない。」とか「職業訓練の内容が十分ではない」など悪い噂があることも事実です。

それでも、「もう一度勉強し直して再就職に臨む」という姿勢は悪いことではないはず。

ハローワークで手続きできるので、話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか?

その条件の中に、『世帯全体で保有する金融資産が300万円以下である』という項目があるのですが、ほとんど自己申告で預貯金まで調べられることは無いのでは?という噂があります。

とは言え、嘘の申告をしても良いという事にはならないので、正直に申告することをおすすめします。

不正をしてまで給付金を受けたり、無料で職業訓練を受けたとしても、身につくことは無いですから。

それに、そういう嘘って、必ずどこかでバレることになるんですよ。

最近は、審査に関しても、出席日数に関しても、かなり厳しくなってきていますので、資産についても調べられるのかもしれません。

とにかく、「さあ、これから一生懸命勉強するぞ!」という意思が無いと、授業にも付いていけないようなことになるので、将来のためにも頑張る時期だと、自覚することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする