クレジットカード破産に陥りやすい人の生活パターンとは?

ローン地獄」は生き地獄なんて言われ方もしますが、ローン地獄という言葉も最近はあまり使われ無くなってしまいました。

それでも、ローン破綻で自己破産する方の数は、むしろ昔よりもずっと増えているのが現状ですよね。

閻魔大王-ローン地獄に陥る人々

クレジットカードやローンって、普通に支払いをしていれば破綻するなんて考えにくいのですが、どうして破産にまで追いやられてしまうのでしょうか?

少し前までは、「自己破産」する人の特徴として、「クレジットカードでどんどん買い物をして、払いきれなくなった人」が多かったように思います。

俗に言う「カード破産」ですね。

クレジットカード一枚持っていれば、それこそ限度額いっぱいまでは、「現金を持たずに」買い物できてしまうわけですから、買い物好きの人にとっては、まさに天国だったわけです。

頭では「後で銀行口座から引き落とされる」ということがわかっていながら、「数ヵ月後だから大丈夫」と勝手に思い込んでしまうんですね。

サラリーマンやOLなら、今月だろうが数ヵ月後だろうがお給料はかわらないはずなのに、「すぐに引き落とされるわけじゃないから」ということで、変に安心してしまう。

これが落とし穴となって、生活費に困るほどお給料が少ないわけでもないのに、破産してしまうという状況になってしまっていました。

ただ、今は違うでしょうね。

圧倒的に「生活費が足りずにお金を借りる」という方が多いでしょう。

クレジットカードにしても、生活費のためにキャッシングをしてしまうとか。

借りたはいいけれど、返せなくて、また別のところから借金をしてしまう、という。

多重債務の始まりはいつもそんなところからなんです。

スポンサーリンク

それと、「とりあえずリボルビング払いにする」とか、そんなに高価なものじゃなくても分割払いにするのになれてしまっている人。

一度に支払う金額が少ないと、なんとなく負担が少ないような気がしてしまいますが、総額を考えるとおそろしいことになったりします。

知ってました?リボ払いだと、月々の支払金額を低く抑えれば抑えるほど、総額が一挙に高くなることを。

高額商品を買ったのに「月々3,000円しか支払っていない」なんていう方は、一度金利がどれくらい付くのか?計算してみた方がいいですよ。

また、いろいろな商品をまとめて分割払いにすることで、何にいくら使ったか?が把握しにくくなってくるのです。

いずれにしても、「返すのは今じゃないから」という「先延ばしにする」考え方の方が、陥りやすいのかもしれません。

だいたい、最初は把握していても、どんどん使っている内にわからなくなるというケースもありますよね。

1ヶ月後の引き落としだと思っていたのが、2ヶ月後になったから、合計金額がものすごいことになってしまったとか。

ローン地獄に陥る人というのは、一般的に計画性に欠ける人が多いようです。

あっ、自分のことでもあります。

とりあえず借りる」とか「現金がないからカード払い」という考えを改め、計画的にクレジットカードを利用するようにしたいものです。

まずは、一年を通して「この月は支払いが多いからクレジットカードの利用は控える」とか「ボーナス払いをうまく利用する」など、先のことまで考えて計画を立てるとうまくいくのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする