債務整理中は一括払いのみのクレジットカードなら使える?

債務整理を依頼すると、「これからが戦いだ」という気持ちや「もう人生終わりなんじゃないか?」という落胆した気持ちが交互に湧き上がります。

と同時になんだかとてもホッとした気持ちになってしまうのも確か。

債務整理中だけどクレジットカードは持てる」と思っている方もいらっしゃいます。

また、「もしかしたら持てるんじゃないかな」と言う方も。

債務整理中ということは、ご自分で手続きをされている場合を除いては、弁護士や司法書士の方に頼んでいるわけですよね。

それだったら、債務整理を依頼した時点が「今後クレジットカードは使えなくなりますから覚悟してください」ということは言われるはずです。

まあ、言われなくても、債務整理をしたらクレジットカードは使えないということは、ほとんどの方が知っていると思います。

なんて、文句を言いたくて書いたわけではないのですか・・・

債務整理と言っても、本人が悪くないのに借金を抱えてしまったということもありますから。

スポンサーリンク

それに私自身もローン地獄で借金が支払えなくなり、相当苦しんだので、偉そうなことは言えないのです。

自業自得ということもありますが・・・

ただ、債務整理中に持てるクレジットカードはまずないです。

債務整理中は、クレジットカードはもとより、銀行のキャッシュカードですら、使えなくなることもありますから。

その銀行でローンを組んでいたりした場合は、口座を凍結されることもある、ということ。

借金に悩む

これに関しては、債務整理後数年経って、個人信用情報に事故履歴がなくなっても、取引できないことが多いようです。 これもまた仕方のないこと。

結局、債務整理中でも持てるカードは、一括払いのみのクレジットカードとして利用できるVISAデビットカードだけということになります。

当たり前ですが、デビットカードなので、いくらクレジットカード払いができたとしても、いわゆるクレヒス(クレジットカード履歴)にはなりません。

まあ、本音を言えば、デビットカードでも利用頻度や期間について評価してもらいたいところなのですが、クレジットカードではないので仕方のないこと。

クレヒスを作りたければ、喪明け以降になるべく審査がゆるめのクレジットカードを作り、コツコツと築き上げていくしかありません。