VISAの付いたデビットカードでローンは組める?

「クレジットカードの審査に受からない人でも取得できるカード」としてご紹介しているVISAデビットカードですが、ローンは組めますか?と聞かれました。

VISAデビットカードでローンを組むことはできません。

それに、デビットカードなので「クレジットカードではない」んです。

じゃあどうしてクレジットカードとしても利用できるというご紹介の仕方をしているのか?ですが。

VISAカードとして、一括払いのみのクレジット支払いに対応しているからなんです。

この辺が間違いやすいところなんですが・・・

もともとVISAデビットカードというのは、事前に自分の銀行口座にお金を預けておいて、その金額の範囲内で利用できるカードです。

だから、その時点ではクレジットカードではなくデビットカードということ。

VISAデビットカードで支払い

だけど、お店で商品を購入する場合は、「デビットカード」での支払いではなく「VISAカード」として支払うことになります。

ここで、クレジットカードに一時変身する、というわけですね。

ただし、本来のクレジットカードではないので、分割での購入はできません

つまりローンは組めないということ。

リボルビング払いもボーナス払いもできせん。

一括払いで即時引き落としされる、という条件でのみクレジットカードとして利用できるということ。

スポンサーリンク

だって、VISAデビットカードは、審査なしで申し込めばほとんど誰でも所有できるカードですから、信用の上で成り立っている「分割払い」を利用できるわけがないですよね。

クレジットカードの場合、実際には商品を購入したお金を、信販会社に立て替えてもらうわけですから。

ほとんどの方が意識されていないと思いますが、買い物をしただけと思っていても、一時的にお金は借りているんですよね。

キャッシングと違い、そんな感覚はありませんが・・・

だから、デビットカードの場合、現金を使う変わりに銀行口座のお金を使って、お店で商品を購入することができる、というように考えた方が良いです。

ブラックになってしまったら、クレジットカードなど持てないのですから、現金払いのみで生活することになります。

そんな時に、たとえローンは組めなくてもクレジットカード支払いができる機能があるVISAデビットカードは、非常に助かりますよね。

最近では、VISAだけでなくJCBも使えるようになり、さらにデビットカードを発行する銀行も増えてきました。

私も便利に利用させてもらっていますが、喜ばしいことですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする