無職でキャッシングできるところを教えて

無職という言葉が特別なものでは無くなって来ました。

欧米では、すでに若者の失業者でさえ増えているようです。

日本でも、就職することが困難な時代になってきましたよね。

知っていましたか?派遣社員の仕事も、人気のあるところはすぐに埋まってしまうことを。

何も派遣の仕事を軽んじているわけではなく、非正規雇用でしかも短期契約でも、応募者が殺到するということに驚いてしまいます。

派遣社員-借金生活脱出日記

また、突然の解雇や倒産などで、止むを得ず無職になってしまう方も増えているということ。

収入が無くなるとお金に困ることから、「無職でもキャッシングできるところは?」と探し回っている方もいらっしゃいます。

「無職になってまでお金を借りる」というと、社会人としてどうなの?と思われるでしょう。

だけど、「働きたくても職がない」という人が、生活のために止む無くお金を借りると聞くと納得できるのではないでしょうか?

事実、「無職でキャッシング出来るとこを教えて下さい」というご質問が多くなったような気がします。

失業される方がそれほど多いということでしょうか?

少し前には、失業率は若干改善されたと発表されたようですが、現実はそうではないと思わざるを得ないです。

日本経済が、積み木のように、ぐらぐらと崩れていくような気さえします。

それとも、砂の城というべきでしょうか?

無職でもお金を借りたい、なんていう人は、一昔前なら、「働くことが嫌で遊び回っている人が、遊ぶお金に困って」言っているというケースがほとんどでした。

それが、今や、きちんと家庭を営んでいた方が、急に職場を解雇されて路頭に迷うということが見られるのです。

「不況だから」とか「政治が悪い」とか言っている場合ではないですね。

もう「明日から働くところがない」のですから。

スポンサーリンク

無職になると、真っ先に困るのがやはりお金のこと。

多重債務時代に経験しましたが、「明日食べるものを買うためのお金が無い」ということほど辛いことは無いのです。

自分一人ならまだ我慢もできますが、子どもが居たら、お年寄りが居たら・・・

もう一刻の猶予もない悲壮感で、目の前が真っ暗になってしまうでしょう。

で、無職でもキャッシングできるところですが、今ではほとんど探せないというのが現実です。

バブルの頃ならあったのでしょうが。

ブラックになった人と同じで、「借金が返せない人」ということで分類分けされてしまうので、正規の金融業者ではまず断られると思います。

かと言って、ヤミ金融などで借りてしまうと、今よりももっと悪い状況になってしまいます。

借りた金額以上の請求をされるならまだ良い方で、何度もお金を借りるように、強制的に仕向けられるなど、あの手この手で、お金をむしり取られるようになるのです。

少しでも「ここで借りたら危ないかな?」と思ったら止めましょう。

やはり、公的資金などを頼るか、失業保険もおりないようなら、求職者支援制度で手当をもらいながら、もう一度職業訓練を受けて、仕事に活かすという方法もあります。

今の時代、苦しいのはみんな一緒とでも思わないと、なかなか生きていけないですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする