消費者金融で借りられなくても街金なら借りられる?

街金っていうのは聞いたことがあるでしょう?

ネットの質問サイトに「闇金、サラ金、街金の違いって何ですか?」というのがあったけど、きっちり答えられる人って少ないのでは?

さすがに、そこでは金融業界に勤めていた方が、きっちりと答えられていましたが・・・

まあ、サラ金というのは消費者金融のことだっていうのはわかりますよね。

銀行や信販会社から借りるのが当たり前だった頃は、わざわざ消費者金融で借りるというのは、何か訳ありに違いないという感じで、差別されていたんですよ。

で、借りるのは、サラリーマンが多いことから、サラ金と言われ、他の金融業者と区別されていた、ということ。

お金に困って頭を抱えるサラリーマン

それが、一時は、新人タレントの登竜門のように、消費者金融のCMに出演するのがもてはやされ、大物タレントもたくさん起用されるようになって、なんだか市民権を得た感じでしたよね。

今はどうかな?

総量規制以降、収入の1/3までしか貸してはいけなくなったため、あっ、それとグレー金利禁止で過払い請求が相次いだために、消費者金融も一時ほどの派手さは無くなりました。

それでも、大手銀行とタイアップしているところもあるくらいなので、一時期のサラ金の印象は薄れ、借りやすい金融業者という位置づけにはなっていると思います。

だいたい、ローン地獄を経験してブラックになってしまった身としては、すでに大手消費者金融は高嶺の花なんですよ。

ならばどうするか?

となると、中小の消費者金融に駆け込むしか無く、ここが「街金」と呼ばれるところなんです。

街金というくらいですから、もともとは地域に根づいた営業をしているお店が多く、名の知れた金融機関ではお金が借りられない地元の人に、少し金利を高くしてお金を貸していた、ということでしょうか?

今でも、老舗の街金は結構あって、昔ながらの営業を続けているところもあれば、様変わりして全国展開しているところもあり、また一部では営業難から闇金まがいの貸付をしているところも。

結局、名前が知られていないだけに、営業内容も分かりづらいというのが、利用する側にしたら不安なんですよね。

スポンサーリンク

聞く所によると、「表向きは正規の消費者金融だけど、審査に落ちたお客には闇金融を紹介する」なんていうところまであるようです。

これでは、「闇金と街金の違いがわからない」と言われても仕方がないですよね。

だけど、逆に、口コミで顧客を獲得しながら営業成績を伸ばしている街金では、

◯自動契約機やATMが設置してある

◯金利は18%以内であることが多い

◯過去の信用情報における事故履歴にはあまりこだわらない柔軟審査

◯即日融資も可能

というように、サービスは大手消費者金融と変わらない上に、喪明け後の借り入れにも優しい審査をしてくれるということで、訳ありの人には人気があるのです。

ただ、注意してもらいたいのは、闇金融も街金も、どちらも利用する顧客の層が同じだということ。

つまり、「他でお金が借りられなくて困っている人」に貸すわけですから、足元を見られても仕方がないのです。

見分け方としては、正規の消費者金融であることを、「日本貸金業協会」に登録しているかどうか?をネットで確認したり、口コミ情報を丹念に探す。

また、ネガティブな情報を見つけたら、信頼できるものかどうか?見極める必要もあります。

このように、「本当に信頼できる会社かどうか?」判断するのが非常に難しいということをわかった上で、「どうしてもお金を借りたい」という時にだけ利用する、という気持ちで居れば、騙されることも少ないのかな?と思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする