キャッシングの審査に確実に通る方法はある?

キャッシングやローンの審査は、以前よりも厳しくなっていると言われています。

今は多重債務とかブラックという人じゃなくても、審査になかなか通らないケースが増えているということ。

やはり、不況ということはを反映して、金融業者も少しでも「とりはぐれ」のない人にお金を貸したいと思うのは当たり前ですから、以前よりも審査が厳しくなっても仕方の無いことでしょう。

では、確実に融資を受ける条件とは何でしょうか。

それぞれの会社によって異なるのが、キャッシングの審査基準です。

ある会社からは受けられても、融資を別のキャッシング会社では断られることもあるようです。

独身か既婚者か、持ち家か賃貸か、勤続年数や収入、国民健康保険か社会保険など、いろいろと条件によって異なります。

 結婚する

また、他のキャッシング会社からの借入件数が多い人は審査に不利になりますが、だいたい4~5件が他社の借入件数の目安になると思っていいでしょう。

まあ、他社借り入れ件数が5件以上ある時点ですでに多重債務である、と言っているようなものなので、まず大手のキャッシング会社からの融資は望めませんね。

その場合は、「審査の基準の甘いキャッシング会社」や「ブラックでも借りられる金融業者」の情報を求めてしまいがちですが、闇金融のような怪しい金融業者に捕まるのがオチです。

スポンサーリンク

万が一貸してもらえたとしても、金利が非常に高くなると思います。

他社借入れ件数が5件にならないまでも、「もう返せそうにないな」と判断したら、新たに借入れをするのではなく、おまとめローンなどでひとつにまとめる方向で考えた方が良いでしょう。

借金をまとめることになるので、金額が多い分審査はより厳しくなりますが、金利が下がることがほとんどなので、返しやすくなるという利点もあるのです。
特に、消費者金融など金利の高いところから借りている場合や、あちこちから少額の借り入れをしている場合は、まとめることで借金返済も早くなると考えられます。

おまとめローン」でも対応できそうになければ、最終的には債務整理しか道は残されていませんね。

ただ、そこまではまだ行っていないという方は、自分の属性を見直したり自分に合った金融会社を探すことで「キャッシングの審査に通る方法」は、見つかるかもしれませんよ。

だけど、わかっていると思いますが、簡単にお金が借りられるという理由だけでキャッシングに走ると、多重債務への道まっしぐら、ということにもなりかねませんから、注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする