任意整理中にお金借りる方法は?

任意整理中にお金借りるのはどうすればいい?」という質問を見かけました。

正直、債務整理の中でも任意整理というのは、借金の返済義務を一部反故にしているとはいえ少しでも返しているということで、借りやすい面はあるのです。

実際に、任意整理中に◯◯◯という消費者金融に10万円借りました、なんていう体験談をよく目にするほど。

だけど・・・ 私が言うのもなんですが、「どうして債務整理をしたのか?」ということをよーく考えてみてください。

最後の手段として考える債務整理。

誰だってできればしたくないものです。

だけど、踏み切ったということは、もう多重債務時代のあの生活には戻りたくない、ということですよね。

となると、やはりギリギリまで「借金」という選択肢を取るのは、踏みとどまりましょう。

債務整理をしたところで、生活が急に楽になるわけはなく、ましてや自営業を営まれていれば、営業自体がストップしてしまい、生活もどん底まで落ちてしまうことも多いです。

お金が無い

ブラックでも借入可能」なんていう葉書を見ると、ついフラフラっと借りてしまいそうになりますが、思いとどまってください。

それに、債務整理中にまた借金をしてしまうと、せっかく債権者との話が上手く進んでいたとしても、中断してしまうこともあります。

それでは、多重債務の頃よりももっと事態が悪くなってしまいますよね。

ではお金が足りない時はどうすれば良いか?というと….

やはり切り詰めて生活する、ということに尽きます。

スポンサーリンク

「イザと言う時にお金が借りられない」のですから、少しづつでも貯金をするしか方法はありません。 ある方は、「収入の10%は、強制的に貯金に回すようにした」ということ。

収入は年収200万円ちょっとだということですから、大変な努力ですよね。

そこまでしても、足りない時は足りないのでしょうが、安心感は違います。

それと、私もそうなのですが、借金癖のある人って、小さなところで無駄遣いをしていることが多いのです。

例えば、使う予定も無いのに、大袋で入っている野菜が安かったら買ってしまう、とか。

「なんとかして使い切ろう」と努力はするのですが、結局、半分も使い切らないうちに腐られてしまう、なんていうことも。

洋服などでも、「安いから」という理由で、多少気に入らなくても買ったりすると、ほとんど手を通さないでタンスの肥やしになっている、なんていうことはよくあるんですよ。

そういったことを見直すだけでも、出費は抑えられるし、家の中も整理されるんですよね。

あとは、「お金を作る」ということも考えてみる、ということ。

何度か書いているように、手持ちのものをオークションに出品するなどして、とにかく現金を少しでも多くする、ということも考えられます。

とは言え、「どうしてもお金を借りないと、生活していけない」となってしまったら?

やはり生活福祉資金貸付制度のような、公的資金の借入を検討するしか無いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする