カードローンの審査に通るコツは?ココさえ押さえれば大丈夫!

カードローンの審査に通らない

切実な悩みを抱えている方は多いと思います。

なぜ通らないのでしょうか?

これには様々な理由があります。

まず、私と同じように、過去に金融事故を起こした方は、まず審査に受かりません。

カードローンの審査

金融事故を起こしたというと、ただならぬ感じがしますが、借金やローンの返済を一定期間以上滞ったり、債務整理をした人ということになります。

金融事故を起こしてブラックになったとしても、5年から10年経てば、またローン審査に申し込みをできるようにはなるのです。

それでも、今度は「ブラック」ならぬ「ホワイト」と呼ばれ、ローンやクレジットカードの審査を受けられるようにはなっても、なかなか審査に受からないと言われています。

そんなトラブルを抱えた人じゃなくても、どうしてもカードローンの審査に受からない人もたくさん居ます。

ローン会社の審査に通りやすくなるコツはあるのでしょうか?

提出用書類の書き方や、申し込み時期をいつにするかで、多少は違ってくるようです。

今後、退職する予定があるという人は、今の会社に勤めているうちにローンの審査を受けた方が、よりよく評価される傾向があります。

無職など、収入がない人は返済能力に乏しいと見なされるため、審査ではほぼ確実に落とされます

今後の働き口が見つかっていた場合でも、審査にはよくない影響が出ますから気を付けましょう。

スポンサーリンク

自分の収入に不安がある場合に収入を実際の金額よりも多く書く人が居ますが、感心できません。

収入証明書をローン会社に提出する必要が無ければバレないと思われがちですが、嘘をつけばどこかでバレるものです。

第一、自分の収入よりも大幅に金額を修正して申告した場合、限度額の設定が大きくなり借入金額も増えてしまうことがあります。

つまり、30万円の借り入れを希望していたのに、50万円借りられることになったら?

どうしたって、限度額ギリギリの50万円借りてしまいますよね。

「余裕を持って借りよう」と思ったつもりが、どうしても気持ちが大きくなって、結局50万円全部使ってしまうということになってしまうのです。

だけど、実際の収入は少ないわけですから、月々の支払金額が負担になってくるのは目に見えています。

結局、嘘をついて審査に通っても、自分で自分の首を締めることになってしまうのです。

収入証明書の提出は50万円以上の借り入れの場合に求められることが多いようですが、書類は必要なくても、正直に申告することが大切だと思います。

嘘をつけば、結局は自分に返ってくる、ということですね。

追記:あまり無いかと思いますが、同じ月にクレジットカードやローンの申し込みを2件以上する、という場合も、あまり良い印象は持たれません。

たとえ、「ポイントが付くからとクレジットカードの勧誘を受けたから」とか「友人に勧められて」という理由でも、「信用取引について軽く見ている」というような判断をされる可能性があるのです。

よく、「アフィリエイト報酬が高いから、片っ端からカードの申込みをした」ということを聞きますが、信用情報のことを考えたら、自殺行為なのです。

今後のローンやクレジットカード申し込みにも、多大なる影響を与えますので、軽はずみな行動は控えましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする