主婦のキャッシング、審査に通るのは難しい?

主婦がキャッシングをするということについて、どう思われますか?

主婦の方だとキャッシングを利用することにも抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

逆に、「ちょっとお金が足りないから」という時に気軽にキャッシングを利用する方も。

また、主婦と一口に言っても、いろいろな方がいらっしゃいますよね。

フルタイムで男性顔負けに働いていらっしゃる方や在宅勤務の方、フリーランスで自分らしいスタイルで仕事をされている方。

または、アルバイトやパートの方や専業主婦の方も当然いらっしゃいます。

今回は、中でも専業主婦の方がキャッシングする場合について書いてみます。

施行されてから大分経ちましたが、いわゆる総量規制、貸金業規制法が改正されたことによって、専業主婦のキャッシングがしづらくなったと言われています。

夫に黙ってキャッシングをしていた専業主婦の方は、改正によってお金を借りづらくなりました。

融資金額の総量に制限が課せられたことが、改正内容の中でも大事な点です。

専業主婦業はまとまった収入がありませんから、収入額に応じて借入金額の限度が決まるという今回の法律改正では大きな影響を受けるのです。

私は専業主婦も立派な仕事だと思うのですが、報酬がいただけるわけではないので・・・

主婦でもキャッシング

法律が改正される前は、主婦でも利用できるキャッシングも多く、家計のやりくりに活躍していたようです。

しかし、法律が改正されてからは、証明書がなければ融資は受けられません。

主婦は収入がないので、キャッシングの利用をするには配偶者の所得証明や源泉徴収票などの書類を出さなければなりません。

婚姻を証明するために住民票や戸籍謄本などが必要になる場合も。

キャッシングを利用することを認めるという夫の許可を明記した書類も作らなければなりません。

これでは、気軽にキャッシングと言うわけには行きませんね。

スポンサーリンク

夫に何も言わずに融資を受けていた主婦が、借金が多く成りすぎて家庭崩壊を巻き起こすという事態には、これなら起こらないかもしれません。

とは言え、借りられなくなった主婦の方が、違法業者に頼るということも考えられますので、多重債務防止になるからと喜んでばかりもいられないようです。

また、今まで借りていた金融業者から急に借りられなくなり、逆に残債の一括支払いを請求されたりするケースもあるということ。

そういったことから考えても、今後は専業主婦の方がキャッシングをするのはますます難しくなると言えるでしょう。

では、クレジットカードはどうでしょう?

主婦の方でも比較的作りやすいと言われているのが、楽天カードやイオンカードなどのショッピング系カードですね。

[楽天カード]

ただ、特に主婦の方が審査に受かりやすいということではなく、専業主婦の方でも原則、夫の収入証明書を提出しなくてもクレジットカードが作れるということです。

審査は、普通のクレジットカードと同じように行われるので、特に甘いというようなことは無いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする