主婦でも持ちやすいクレジットカードは?

主婦でも作りやすいクレジットカード」について調べてみたんですが、考えてみたら主婦ってひとくくりに言ってもいろんな形態がありますよね。

主婦っていう言葉も曖昧ですが、やはりこの場合はパートやアルバイトの仕事も今はしていないという、専業主婦ということになりますね。

総量規制後、キャッシングでお金を借りたりクレジットカードを作ったりすることが、難しくなったと言われています。

特に、専業主婦の方にとっては厳しい状況になったということですね。

料理をつくる主婦

それでも、特に贅沢をしていなくても「生活が苦しい」と感じる時代です。

普段は節約してなんとか回していても、不意の出費があれば「お金を借りたい」と思うこともありますよね。

専業主婦はクレジットカードがまったく作れなくなったのか、と言われれば、そうでもありません。

ご主人の収入証明書を提出すれば、限度額内であれば借入れすることも、クレジットカードを作ることもできます。

ただ、夫に内緒で、というのは難しいでしょうね。

一部の金融業者では、専業主婦というだけで融資を断られるケースもあるようです。

主婦がクレジットカードを作る場合、多重債務の方だと、どうしてもキャッシングに頼りたくなってきますが、なるべくなら、キャッシング枠は0にしてショッピング枠だけ使えるようなクレジットカードを作る方が良いでしょう。

だからと言って、それでショッピング枠を現金化するということは決してお勧めできませんが、大きな買い物をする時や、現金がどうしてもない時に、分割で買い物できるからです。

利息は付きますが、現金をキャッシングするよりは少ないですから、どうしてもお金を借りなければならなくなった時は、今ある現金を使わないようにして、買い物にカードを使いましょう。

ただまあ、これも暫定的なものですけどね。

スポンサーリンク

だって、今でも返せないのに、またローンで買い物すると、利息分も含めてまた借金が増えるわけですから。

ただ、お金が借りられないからと言って、闇金融のようなところから借りることを思えば、こちらの方が計画的に使えるでしょう。

最初は月々なるべく少ない額にして、少しでもお金が貯まってきたら返すということもできます。

主婦の方でも比較的作りやすいと言われているのが、楽天やイオンなどのお買い物系カードですから、キャッシング枠を0で申し込めば、発行される確率も高くなると思われます。

[楽天カード]

いずれにしても、自分が返せる範囲で賢く利用するということがポイントになります。

何でもかんでもリボ払いにしてしまう、というのも問題があるようですよ。

クレジットカードが現代生活で無くてはならないものになっているのは確かですが、賢く使いこなしている方は、まだ少ないのかもしれませんね。

追記:配偶者貸付を利用する方法もあります。

夫と妻の収入を合算した年収がベースとなり、総量規制で定められた年収の1/3までなら借り入れ可能となるのです。

専業主婦にはありがたい制度ですが、夫の収入証明書や同意書、婚姻関係にあることを証明する書類が必要になります。

となれば、どうしてもお金が借りたい、という時以外には、あまり利用しようとは思わない方法かな?と。

クレジットカードを持っているのなら、キャッシング枠を利用する方が、てっとり早いですね。

翌月引き落としになることが多いのですが、「どうしても夫に内緒でお金を借りたい」という時には便利です。

翌月全額引き落としになるのが困る場合には、あらかじめリボ払いにしておいた方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする