クレジットカードの審査基準は?どこが通りやすいの?

クレジットカードをどうしても作りたい人にとって、「審査基準」というのはとても気になります。

よく「審査が甘い」などと言われますが、「甘い審査」という基準が明確にあるわけではありません。

ただ、同じような条件の人が申し込んでも、審査に通る場合と通らない場合があるので、審査に通りやすいクレジットカード会社は、一般的に「審査が甘い」と言われてしまうようです。

大雑把に分類すると、銀行<信販会社<コンビニ・ショッピング系クレジットカード<消費者金融の順になるでしょうか?

もちろん、消費者金融が一番審査に通りやすいということです。

でも、最近は銀行と提携している消費者金融もあり、審査も厳しくなっているところもありますから、一概に、この図式が正しいとも言えないのですが。

では、クレジットカードの審査では具体的にはどんなことをチェックされるのでしょうか?

たとえば年収や勤続年数、勤め先や家族構成、持家なのか賃貸なのかということについてというところが多いです。

お金をきちんと返済できるのかどうかという基準は、各社少しづつ違うでしょうが、やはり年収が多い方の方が信頼できるということがありますよね。

後は、やはり世間的にも安定した職業と思われている仕事ですね。

例えば公務員とか

クレジットカードの審査は審査会社に委託されて行われれるのですが、普通に何事もなく安定した職についていて年収が人並みにある人の場合には問題なく審査に通ると思います。

008

ただ、過去に債務整理のような金融トラブルを起こしているような人や、現在他社からの借り入れが多い人、クレジットカードでの支払いを滞納したことがあるといった人はどうでしょうか?

スポンサーリンク

どんなに審査が甘いクレジットカード会社でも、審査に通るのは難しいでしょうね。

各クレジットカード会社によって審査は違うものの、基本となる「審査基準」というのはあるはずです。

それでも、クレジットカード会社が発行しているカードを使う層によっては、主婦やアルバイトの方でも取得しやすいカードというものもできてくるでしょう。

例えば、ショッピングセンターやスーパーなどで発行されるクレジットカードでは、顧客は主に主婦層になりますから、専業主婦の方でも審査に受かりやすい傾向があります。

また、コンビニなどでは、学生やアルバイトの方も多く利用することから、アルバイトでもOKという審査基準になる場合も。

だからと言って、必ず審査に受かるという保証は無く、受かりやすいかどうかも定かではありませんが、少なくとも、他のクレジットカードに申し込むよりは、審査に通りやすいのでは?ということです。

自分にとって使い勝手の良いクレジットカードは、審査においても受かりやすいカードということも言えるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする