自己破産していてもブラックでもお金は借りられる?

ブラックでもたとえ自己破産でもお金は借りられます」というサイトがありました。

「またー。これも吊り広告で、実際は怪しい金融業者を紹介するサイトか」と思ったのですが、興味津々だったので見てみました。

中に書いてあったのは?

なーんて。引き伸ばしても、何の得にもならないですね。

いや、ちゃんとしたサイトでした。

「ブラックになったり自己破産宣告したりした人が、どのようにすればお金が借りられるのか?」

また「どんな金融業者に気をつけなければならないのか?」ということを説明してくれています。

若干古いサイトなので、今では当てはまらないこともあり、ここにリンクを置くことは避けますが・・・

その当時に「ここならブラックでも貸してくれそう」と言われていた、中小の消費者金融が紹介されていました。

今でも地方都市などに行くと、家の塀や電柱に貼ってある広告でよく目にする名前と言えばおわかりになるでしょう。

電柱に貼ってあるサラ金の広告

現在も営業している業者もあり、100%ダメになったとは言えませんが、総量規制以降、ブラックでも借りられる金融業者はごくわずかになっているということ。

その業者も街金と呼ばれたり、ソフトヤミ金と呼ばれたりで、非正規業者と正規業者が混在している状態だと思います。

中には、老舗街金という場合もあるのですが、信用できそうなところほど審査も厳しかったり。

つまりどこが安全かそうじゃないのか?という線引きが、非常にあいまいになっているようです。

まあ、そんなこと言ったら、一昔前には、テレビCMで有名になった消費者金融ですら、取り立ての厳しさで社会問題にまでなったことがありますよね。

スポンサーリンク

金利だって、グレーゾーン金利禁止になるまでは、正規の金融業者だってギリギリの29%くらいは平気で取っているところも多かったですから、今に始まったことではないかもしれません。

現に、「表立って広告は出せないけれど、ブラックの人が来たら、そのまま追い返すようなことはしない」と言っている中小の消費者金融があるのも確かです。

総量規制以降、消費者金融業界も厳しくなっているでしょうから、顧客獲得のためには「ブラックでもOK」というスタンスで行くというところもあるとは思います。

確かに、大手消費者金融との差別化を目指す必要はありますから。

ただ、あまりにも情報が混沌としているため、「ここだったら大丈夫」と言えないんですよね。

ひとつ言えることは、「生死に関わるくらいお金に困っているのでなければ、ブラックの人はお金を借りようと思わない方が賢明」ということ。

債務整理後も辛い生活が続くことはよくわかります。

それでも、ほんの少しのお金を借りたことで、債務整理前の生活よりも悪い状況になってしまったら?と考えれば、安易には借りられないですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする