携帯電話(スマホ)料金の滞納分も債務整理の対象になる?

スマホ料金滞納 借金返済日記

結論から言うと、原則として残念ながら返済自体をなくす事は出来ません。

スマホ料金滞納

経済的な問題から債務整理を専門家に依頼する方々がいます。

日本の国は失われた十年とも呼ばれる大不況の時代がありました。

ここ数年はようやく明るい雰囲気が戻ってきましたが、感染症が蔓延してからは、元の木阿弥どころか、マイナスだらけ。

列島各地で災害が多発したり、デフレ経済が永遠と続き、企業によるリストラの強行など、色々な事情で経済的に困窮する人々が現れました。

個人の責任ではない理由で債務整理を受ける人々も増えて来ており、社会のセーフティーネットとして各分野の専門家の人々が努力し、弱い立場に置かれた人々を日夜一生懸命にサポートしてます。

専門家に相談をすれば、いわゆる借金の返済が楽になります。

ケースバイケースですが、返済の義務が免除されたり、場合によっては分割で返済すればOKになったり、大幅な借金の減額が認められる等、プロの支援を受けるメリットは大きいです。

クレジットカードや消費者金融で作ってしまった借金は、一度経済的に困窮すると完済が厳しくなります。

借金を返すために借金をする等の負のスパイラルに陥る事も珍しくはありません。

債務整理を専門家に依頼する事を恥ずかしい事だと感じている方もいますが、それは誤りです。

困った時は堂々と社会的に認められたセーフティーネットの権利は使うべきであり、プライバシーも専門家の方々は保護してくれます。

携帯電話料金の滞納分についても、専門家のアドバイス通り、手続きを進めれば低利息または無利息による分割払いが出来るようになります。

携帯電話料金を滞納すると強制的に支払い通知が届いたり、スマホを無断で解約されます。

厄介な事に滞納が悪質だと判断されると、今までの滞納額を一挙に全額支払いって下さいとの通知が来る上、その通知を無視すると今後は高い利息やペナルティが付加された大金を支払う事になります。

専門家に相談し、携帯電話料金は出来る限り、お得な方法で返済出来るようにしましょう。

 

コメント