クレジットカードのリボ払い地獄からの脱出?

クレジットカードのリボルビング払い、便利ですよね。

私なんて、「後からリボ払い」をしょっちゅう使っていて、「あっ、このままじゃあ、来月の支払いがものすごいことになってしまう。」なんていう時にも、パソコンでクレジットカード会社にログインして、ボタンを押すだけでリボ払いに変えられることにホッとしていましたから。

だけど、考えてみたら、それがローン地獄におちいる前段階だったんです。

それまでは、「翌月の引き落とし時に、残高不足なんていうことにならないように」と、いちいち買った日にちと引き落とし予定日を記載していたんですよ。

「そんなこと当たり前」と思うかもしれないですが、すべてが大雑把な私にしたら珍しいこと。

しかも、場合によっては、予定した月に引き落とされないこともあるので、翌々月の支払いまで考えて買い物をしていました。

そもそも、基本現金払いで、クレジットカードによる買い物は極力控えてきたくらいなんです。

それが、一度リボ払いの便利さを覚えると、「今なら30%お得」なんていう家電とかも、「これ欲しかったのよ」という理由だけで買っていましたね。

家電のバーゲンでリボ払い

結局使わなかったものもあれば、数年使って元は取れたというものもあるのですが、いずれにしても、リボ払いがあるおかげで気が大きくなったのは確かです。

それに、クレジットカード会社にしてみたら、一括払いだと手数料の5%しか入ってこないところを、分割払いやリボ払いにすれば、数十%以上の利益を得られるので、やたらと勧めてきたり。

まあ、考えてみたら、私達にとっても「欲しいものがすぐに手に入る」というメリットがあり、クレジットカード会社も、「毎月少しづつしか入金が無いけれど、その分総支払額が倍増する」というメリットがあるのですから、どっちもどっちなのかもしれません。

クレジットカード会社も商売なんだから、より利益率が高いものを進めるのは道理なのですが・・・

その儲けのためのカラクリがわかりにくくなっているものだから、なんとなくモヤモヤしてしまうのです。

と、ここまで書いてきて、やっぱりローンの仕組みをわかっていないから、ローン地獄に陥るんだな、としみじみ思いました。

ローンやクレジットカードのリボルビング払いなどの計算方法ってわかりにくいですから。

 

スポンサーリンク

 

 

例えば20万円の商品を買ったとします。

お店では一括払いの手続きをして、あとから月々5,000円のリボ払いに変更したとしましょう。

あるクレジットカード会社のシュミレーションによると、3年3ヶ月で、支払い総額は約25万円にもなってしまうそうです。

これだけでも「へぇーー?そんなに支払うことになるの?」と驚愕なのですが、よく読めば、きちんと書いてあるんですよね。

それか、今ならネットで検索すればすぐにわかります。

要するに、「月に支払う金額を、なるべく安く抑えよう」という気持ちが、損を運んでくるのです。

リボ払いの手数料は残高にかかるため、月々の支払金額が安ければ安いほど、元金が減らずに増えた手数料や金利を払っているだけ、というのは、とても理不尽なこと。

だけど、それも承知の上でリボ払いを選択したんですよ。

月々の支払いを、たとえ1,000円でも2,000円でも増やしていれば、もっと早くに完済するんですよね。

無知もさることながら、借金やローン支払いがどんどん増えていくと、計算するのが怖くなるというか、目の前のことしか見えなくなって、計算することからも逃げてしまう傾向があります。

ローンの返済が延々と続くけどどうなの?」と思ったら、繰り上げ返済できないか?またローンの支払い金額を増やすことはできないか?を真っ先に考えましょう。


PAGE TOP