消費者金融からのキャッシングで信用情報に傷がつくの?

例えば、自動車ローンや住宅ローンなど、まとまったお金を借りる審査を受けるときに、消費者金融から借り入れがあったら傷がつくのでは、と思いませんか?

事実、「生活費が足りなくてキャッシングを繰り返していた」という人が、200万円の新車を購入しようとして、審査に落ちたケースがあるのです。

新車のローン-借金生活脱出日記

ただ、結論から言えば、消費者金融からキャッシングしたりカードローンを組んだりしても、信用情報に傷がつくことはありません。

ではなぜそう思うのか?また、実際に審査に落ちる人が居るのか?と言うことなんですよ。

そもそも信用情報というのは、個人がクレジットカードを利用したりローンを組んだりした記録のことです。

あなたが、クレジットカードやローンの申込みをしたことも、利用して、その後きちんと支払いができているか?ということも、すべて記載されているのです。

「ちょっと怖い」と思いました?

だけど、あなたがお金を借りたいと思ったり、あらたにクレジットカードを持ちたいと思った時、申込先の会社にしたら、「この人は借りたお金を返してくれる人かどうか?」判断することは難しいですよね。

申込時に記入する、

○生年月日や名前、持ち家か賃貸か

○勤め先や年収、勤務年数

などで、だいたいの経済力は判断できますが、年収が高くても、金銭的にルーズで返済日を忘れて滞納ししがちな人かどうかはわからないのです。

もちろん判断基準はそれだけではありませんが、クレジットカードを渡す=借金の肩代わりをするくらいのリスクはあるわけですから、「もっと詳しく知りたい」のは当たり前。

まあ、実際には、リスク回避の方法はきちんと考えられているのですが、現金を使わずに商品が購入できるという、信用取引を提供する場合には、「支払能力があるかどうか?」を調査する必要がある、ということなんです。

「いやいや、それにしても詳しい状況を記載しすぎでしょう。そんなのを他人に見られるのは絶えられない。」という方は、信用取引を一切しないという生き方を選択するしかありません。

つまり、「いつもニコニコ現金払い」ということ。

 

スポンサーリンク

 

 

ローン地獄におちいってしまった私のような立場から見ると、「それが正解です!借りるから利息は付くし、複数のローンを抱えてしまい、困ったことになるのよねぇ」と思うのですが・・・

それでも、住宅ローンや車のローンとなれば話は別です。

何百万、何千万ものお金を一括で支払うことは、一般のサラリーマンではまず無理ですから。

それなら、少額の商品でもクレジットカードで支払うようにして、または、利息があまり高くならない程度に少ない回数のローンを組むようにして、コツコツと信用履歴を積み上げていく

「さあ、私の信用履歴を見てください」と言えるくらい、模範的な履歴を作っていけば、難関と言われる住宅ローン審査に受かる可能性も、ぐんと高くなるはずです。

で、最初の「消費者金融からのキャッシングでは信用情報に気づか付くことはない」に戻りますが、傷は付かないけど、審査に落ちる要素のひとつにはなり得る、ということ。

特に、高金利のキャッシングを何度も借りている場合は、たとえ延滞記録が無かったとしても、「お金にルーズで複数の金融機関から借り入れをしそうな人」と判断されても仕方がないのです。

その結果、審査落ちになるというケースは、結構あると思います。

いずれにしても、安易なキャッシングは自分のためにならない、と覚えておいたほうが良いですね。


PAGE TOP