カジノのディーラーになって1,000万円稼ぐ?

カジノ法案(IR実施法案)が可決され、「日本にもついにカジノが!」と喜んでいる人も居るでしょう。

逆に、「ギャンブル依存症を増やすだけ」と眉をひそめる人も。

実際のことは、やってみなければわからないのでしょうが、どうなんでしょうか?

もしかしたら、カジノを作らなければならないほど、経済的に切羽詰まっている状態なのかもしれません。

カジノのディーラーで1,000万円稼ぐ

これから、さまざまな意見が飛び交うでしょうが、ほとんどの人が知りたいことは、「暮らしは良くなるのか?」「治安は悪くならない?」ということでしょう。

だって、どうしたって「お金を賭けるゲーム」ですから、大金が飛び交うわけです。

映画やドラマの世界でしかお目にかからないような、ルーレットの前に座り、チップを置き、当たったら倍以上に増え、ハズれればチップは没収される。

そのチップ=お金ですから、どんどんお金が無くなってしまうイメージしか持てないんですよ。

よく、マフィアの親分が、裏でインチキをしてお金を稼ぐみたいなシーンとかを思い浮かべてしまいますが。

ただ、娯楽として考えれば、ルールはいたって単純で、ルーレットやスロットゲームで少額をかけて楽しむ分には、パチンコほど深入りしないで済むのかな?と。

芸能人が、ラスベガス旅行に行って、ホテルのカジノで楽しむ姿は、ちょっと微笑ましかったりしますから。

何より、周辺の街が活気づくことと、雇用が増えることがメリットなのでしょうが、その裏には治安の悪化と騒音などの問題が出てきます。

その辺をどう対応していくのか?が今後の課題になるでしょう。

スポンサーリンク

働く人の育成としては、2015年にはすでにカジノのディーラーを育成する学校を設立していたんですね。

すでに、問い合わせが2,3倍に増えているということ。

ポーカーやバカラ、ルーレットなどの技術を覚えるための学校ということですが、確かに、あの洗練された身のこなしとか、物怖じしないで常にポーカーフェース、お客に接する物腰の柔らかさなどは、すぐに身につくものではないでしょう。

加えて、語学堪能で不正を見抜く能力、お金を管理するスキルなど、結構多岐に渡った技術が求められそうです。

卒業後は、日本だけでなく、海外でも活躍できる可能性があるのも魅力ですよね。

そう考えると、若い人にとっては、ひとつのチャンスととらえるべきかもしれません。

では、一年前のディーラーになると、いくらくらい稼げるのでしょうか?

各国や雇われている場所、雇用形態によって違うでしょうが、マカオでは、平均的な公務員の1,5倍の収入があると言われています。

ラスベガスだと、マネージャークラスで働いている場合、年収1,000万円はくだらないのだそうです。

憧れの年収1,000万円ですよ。

そりゃあ、「ディーラーを目指す」という人が増えてもおかしくないでしょう。

とは言え、日本でいきなり1,000万円の年収というのは難しく、最初は月収で20万円くらいでは無いか?という説が有力みたいです。

ただまあ、その後、スキルを上げていけば、サラリーマンに比べると収入が増える速度は非常に早いでしょうから、やりがいはあるのかな?

その分、採用試験に通る壁は、かなり高くなりそうですね。

ひとつの資格としてとらえて、身につけておくのも悪くないのでは?とは思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする