ブラックでも融資可能という消費者金融は信用できる?

3月に入ると、もうゴールデンウィークの計画を立て始める方もいらっしゃいますね。

すでに、人気のあるところは予約でいっぱいなのかも。

一方では、「何とかしてお金を借りる方法はないですか?」とか「どこでもいいからお金を貸してくれるところ」なんていうご相談が増えています。

それほどお金に困っていて、もうどこからも借りられない方が多いということですね。

消費税が8%に上がっただけでも暮らしは厳しくなったというのに、もう現実には10%に向かっていて、物価も上昇しています。

それに加えて自然環境も悪化して、被害に遭われる方も多いですよね。

世界的にホームレスも増えているということです。

本当に身につまされます。

私自身も、債務整理後に失業を経験し、もう少しでホームレスになるところでしたから。

そんな中「ブラックでも借り入れができます」というメールが迷惑メールに入っていました。

PC-借金生活脱出日記

これって、普通の人は騙されないけど、ブラックだと認識している人だと、ちょっと気になるかもしれませんね。

少なくとも、債務整理直後の一番お金に困っていた頃なら、騙されていたかも。

ブラックでも作れるクレジットカード」だったら、VISAデビットカードしかないというのはわかっているのだけれど、もしかしたら融資してくれるところがあるのかもしれない、と思ったり。

いえ、私がローン地獄を経験していますから、大体わかるんですよ。

そういった方々のお気持ちが。

「もうどこからも借りられない」と思ってはいても、「ブラックでもお貸ししますよ」と言われれば、「もしかして」と思ってしまうんですよね。

まるでパブロフの犬のように、反応してしまいます。

だけど、経験から言わせてもらえば、「ブラックでも借り入れできます」と書いてあるところから借りてはろくな事にはなりません。

スポンサーリンク

表向きは普通の消費者金融でも、実は闇金融のような会社を紹介する場合もあるので、本当に注意が必要です。

あとは、やたらと「保証人を立ててください」と要求してくるところ。

もう本人からの取立ては諦めて、保証人からお金を取ることを前提に考えているのです。

まあ、たいていはそうですけどね。

もし闇金融から借りてしまえば、契約書類自体作っていないでしょうから、証拠が何もなく、債務整理すらできなくなってしまう可能性が大です。

そう考えると「ブラックでも」という言葉の重さを感じてしまいますね。

あっ、正規の消費者金融でも、最近は保証料を要求されたりすることも多いので、一概には言えませんが、少なくとも、大手の消費者金融では、こんなことはありません。

不況でお金を借りたい人が増えれば増えるほど、こういった悪徳業者も増えるものなので、気をつけなければいけませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする