クレジットカードが使えなくなると二度と分割払いはできない?

ブラックでもカードローンが組みたい」というお気持ちはわかります。

だけど、ブラックになってしまうと、カードローンというか、ローンを組むことはままならないでしょう。

お金のルールを守らなかった人には、もう2度とお金を貸さないと言われても仕方が無いですよね。

私たちは、クレジットカードの扱いに慣れ過ぎていて、「カードで買い物する」ということが、「一度カード会社から借金をすること」だという認識が薄くなっています。

クレジットカードで買い物をする

まあ、常に一括払いを心がけていればそんなこともないのでしょうが・・・

それでも、もし買い物した時に、自分の銀行口座にお金がなかったとしても、ある一定の金額までなら、信販会社が立て替えてくれるようになっていますよね。

私たち利用者は、とにかく「引き落とし日」までに口座にお金を入れておけば、契約上はなんら問題はないわけです。

分割払いにした場合は、もっとわかりやすいと思います。

例えば10万円の家電が買いたいと思っても、手元に10万円が無かった場合。

クレジットカードがなければ買うのを諦めるところですが、「分割払い」を利用すれば、月々5,000円くらいの支払いですぐに購入することができるのです。

だけど、それは信販会社にお金を借りて、家電を買ったのと変わりはないんですよね。

スポンサーリンク

それでも、直接お金を借りて商品を購入するよりは、よりスマートだし便利。

その上、「自分のお金で買った」という気持ちが大きいです。

だからと言って、クレジットカードの普及がいけないことなのではなく、きちんと「一時的にせよお金を借りて購入するのだ」ということを理解して、上手に利用するのなら、良いことだと思います。

カードによっては、結構なポイントが付いたりしますから、実質割引価格で購入できた、なんていうこともあります。

マイルを集めている方にとっては、クレジットカードで物を購入するというのは、半ば当たり前のことなのですから。

それに、バーゲンの時だって、「欲しかった商品が半額になっていた」なんていう場合に、現金の持ち合わせが無くてもすぐに買えるのです。

要は、「どんなに便利なものでも、使い方を間違えると危険」ということですね。

ブラックになってしまうと、こんなに便利なシステムが使えなくなるのですから、「何とかしてローンを組める方法は無いか」と探し回るのもわかります。

ただ、今のところは「自社ローン」で特別に分割にしてもらう、くらいしか方法はないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする