ブラックになってもお金を借りる方法は?Twitterの個人間融資は?

ブラックでもキャッシングする方法を教えてください」なんて質問されている方がいらっしゃいました。

キャッシングでもお金を借りるでも同じなのですが、「お金を借りる方法」というより「キャッシング」という言葉を使う時点で、「より手軽に簡単にお金を借りたい」という気持ちなのでは、と思います。

ブラックになってしまったら、やはり原則としてキャッシングはおろかお金を借りることはできませんよね。

現金-借金生活脱出日記

 

もっと言えば、「借金を棒引きにしてもらう」変わりに「お金はもう借りられませんよ」という契約をする、ということにも他なりません。

まあ、ご自分でブラックと思っていても、何も債務整理した人ばかりではなく、あちらこちらから借金をしていて、借金返済を滞っている人もいらっしゃるでしょう。

そういった方については、もしかしたら「激甘」と言われているような金融業者なら、お金を貸してくれるかもしれません。

その場合でも、足元を見て、「必ず保証人を立てること」と言われたり、「保証金が必要」だったりしますから、注意が必要です。

本人が返せなかったら保証人に払ってもらう、というつもりで契約させられるので、個人情報を根掘り葉掘り聞かれることも多いです。

まあ、それでも、まともな金融業者であれば、利息を付けてきちんと返していれば、大きなトラブルは無いでしょう。

だけど、個人信用情報に事故履歴が載ってしまった方については、まっとうな金融業者からの借入れは、ほぼ不可能なんです。

もし借りられるとしても、闇金融との区別が付きにくいような金融業者しかないんですよ。

 

スポンサーリンク

 

でも、たいていの場合は、保証金という名目で5万から10万のお金を先に振り込むように要求されたりしますから、その時点で「ちょっと怪しいな」と思った方がいいですね。

たとえ保証金を預けたとしても、多分借りられるのは保証金の金額プラスほんの少しのお金ということにもなりかねません。

その上、法外な金利がかかりますから、返済額が2倍、3倍になるのも時間の問題なのです。

それでは意味がないですし、返済できないように仕向けて、さらに増資を迫られることになるかもしれません。

そうなると、もう蟻地獄のような悲惨な世界が待っていますから。

ということで、「ブラック」になってまでキャッシングする、というのはよく考えないと痛い目にありますよ、ということ。

結局、闇金融とかの非正規金融業者にとっての顧客というのは、圧倒的にブラックの人だということなんです。

もうどこからもお金が借りられない」という切羽詰まった状態に付け込むのですから。

追記:「ブラックでもお金を借りたい」という人につけ込むと言えば、最近では「ひととき融資」が有名ですね。

借金問題に詳しい人
借金問題に詳しい人
女性の場合だと体目的、男性なら銀行口座や携帯の契約をさせて乗っ取られる、という危険が伴います。

 

中には、「うすうすわかっていたけど、借りてしまった」なんていう人も居るくらい、世の中にはお金が借りられなくて困っている人が多いんですよ。

TwitterやLINEなどでも、「個人でお金貸します。どなたでも相談に乗ります。」とか、「お金に困っている方、いつでもご融資可能です。」などの言葉で、さも、善良な個人のフリをして、発信しているのをよく見かけます。

「いくらなんでも騙されないでしょ」と思うのですが、人間切羽詰まると、判断力が無くなってしまうため、引っかかってしまうんですよね。

個人間融資は、継続的にビジネスとして行えば貸金法違反ですし、ボランティア精神に溢れた人なら、恵まれない人をサポートするNPO団体などに寄付するでしょう。

そう考えると、「決して近づいてはいけない人たち」であることがわかると思います。


PAGE TOP